先週は毎月伺っている良心塾での授業でした。良心塾についての記事はこちら

毎回、1時間ほどの講義の後に、実習として塾生たちの部屋を片づけるのですが、
前回、冷蔵庫の位置を変更してはどうかと私から提案をしました。

これが、問題の冷蔵庫です。



・向かって右側の壁との間に空間があり、デッドスペースになっている。
・冷蔵庫の前の畳には夜は布団を敷いており、就寝中もし地震があった場合、倒れてこないか心配。
・扉の向きも布団が敷いてあるときは開けにくいのでは?

もちろん、モノをどう置くのかは住んでいる本人が決めること。私からはあくまでも提案です。
一か月後の授業までに考えてみてね、と宿題にしていました。

で、一カ月後。冷蔵庫はそのままの状態でした。
ただ、前回と今回で圧倒的に違うのは、その間に大阪で震度5〜6の強い地震が起きたこと。
この塾生はその時、仕事に出ていたそうですが、「もし寝ている時だったら」と考えてみて、と伝えると、
やはり動かした方がいい、ということになりました。

今回は塾生も増えて、人手もあるので、今、やっちゃおう!ということになり・・・



本人よりも他の塾生たちの方がせっせと働いて・・・

結果はご覧のとおり。



・部屋のコーナーに置いたので、デッドスペースがなくなった
・扉の向きを変えたので、布団を敷いている時も開けやすく、部屋の反対側半分を使っているルームメイトもアクセスできる動線を確保
・冷蔵庫前面の下部分に板をかませて転倒防止に
・冷蔵庫まわりにたくさん貼られていたカレンダーは一番お気に入りのもの一つに絞ったのでスッキリ

片づけの最優先事項は、何と言っても「安全に暮らす」こと。
地震や大雨でたくさんの被害が連日ニュースになっていて心が痛みますが、日々の片づけによって防げることもあると思います。
件の地震の際、我が家のある地域も震度5弱を経験しました。幸い、何一つ被害の無かった我が家ですが、揺れが落ち着いた後、まず考えたのは「もっと片づけられるところはないかな?」でした。
モノの使いやすさだけでなく、いざという時に安全かどうかを念頭に、いま一度、住まいを見直してみたいと思います。



先日「家事セラピストの子育てお話会」の2回目を開催しました。
この日参加くださった方のお一人は、これまでにも何度か講座に来て下さっていて、そもそも、このお話会をすることになったのは、この方が「家事セラピストのお二人の子育てについて聞いてみたい!」とリクエストくださったのがきっかけです。
ありがとうございます☆

私たちが学んだ家事塾では<家族みんなで家のコト(家事)をする>というのが、大きなテーマの一つです。
家事は誰のためにするのか?
もちろん自分のためでもあるけれど、誰かのためにする家事には、さらにいろんな要素が詰まっています。

だから、「お手伝い」は家事塾が考える子育てのなかで、とても大事な役割を担っています。

「人のために役に立つ喜び」を体験して育った子は、やはり社会に出てからも頼もしい働きぶりをしているなあ、と先輩セラピストのお子さんたちを見ていても感じます。

わが家の娘もアルバイト先のカフェで洗い物が上手だと褒められたそうです(実は、ちゃんと出来ない子が多いのだとか)。
片づいていないと気持ちが悪い娘は、アルバイト先のバックヤードも片づけたくて仕方ないのだとか(笑)。
(今は新人の身なので、そこまで出しゃばるのはやめているそう)

家事のベースにあるのは思いやり。その気持ちが育つことがお手伝いの一番の効用だと私は思っています。
そして、それを育てるのは「ありがとう」の一言。これに尽きます。

家事セラピスト養成講座に通っていた時の仲間で「子どもにお手伝いをさせるのは、ありがとうって言いたいから」
と言った人がいるのですが、ホント、つくづく名言だと思います☆

先日、京都の町屋を活かしたすまいの雑貨店「sumaoすまお」さんにて「家事セラピストの子育てお話会」を開催させていただきました。

実は今は亡き父方の祖父母の家があったのもこの近くで、玄関から裏の庭までの細長い家の造りもとても似ているので、お伺いするたびに懐かしくなります。




・子育てにゴールはある?

・家事で育つ子どもの力

・中高生の子どもとのかかわり方

・気になる教育費、まず始めにするべきこと


などなど、講師だけがお話するのではなく、参加者さまからもいろんな気づきをいただける楽しい会となりました。





我が家では今年の春に娘は大学生に、息子は高2に。子育てもほぼ終盤となり、これまでを振り返っていろんなお話をさせていただきました。でも、子どもが小さい頃は私も余裕などなく、失敗の連続でした。

それでも、子育てを通していろんなことを考え、自分自身が成長できたことをありがたく思います。


今、子育て真っ最中のママにいろんなエールを送れれば、と思っています。


「家事セラピストの子育てお話会」、次回は大阪・吹田市ラコルタにて開催します☆


日 時:2018 年6 月29 日(火)10:00〜11:30

場 所:ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター) ※阪急千里線「南千里」駅すぐ

   〒565-0862 吹田市津雲台1−2−1 千里ニュータウンプラザ6階

講 師:家事塾認定1級家事セラピスト 宮田美穂 遠藤律子

受講料:2,000 円

持ち物:筆記用具

お申込:kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで「お名前」「ご連絡先」をメールにてお知らせください。

今年から始めた新しいシリーズ講座「季節のくらしと片づけ講座」、先日、夏バージョンを開催しました。

夏を快適に過ごすために・・・
・冷蔵庫の片づけ
・水回りのカンタンおそうじ術
・夏ならではの家事時間
・火をなるべく使いたくない時の時短メニュー

などなどをお伝えしました。

参加者のおひとりから嬉しいご報告をいただいたので、一部をご紹介します。

「私にとって、昨日の講座の収穫は、“完璧を目指さなくていい”でした。
帰宅して「15分だけ」タイマーをかけ、気になっていた食器棚の中のホコリ取りをしました。お皿は動かさず、すきまをハンディワイパーでやっただけでしが、気持ちがスッキリしました。(中略)完璧を目指さず、家族が気持ちよく過ごせる程度に長く続けられる工夫をします。」

そう、くらしは続いていくもの。季節はめぐるもの。
無理のない範囲で、ほどほどに回していければ、十分ですよね☆


講座では、私が長年使っているおそうじグッズもいくつかご紹介しました。
特に反響があったのがこちら。ドイツのレデッカー社のキッチンブラシです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

REDECKER DISH WAHING BRUSHレデッカー キッチンブラシ
価格:486円(税込、送料別) (2018/6/3時点)


 

ブラシの毛が植物の繊維で出来ていて、油をはじいてくれます。キッチンのシンクからゴミ受けの網目まできれいになるので重宝しています。
梅雨前のこの時期、毎年マンションの排水溝の高圧洗浄があるので、その前にいろんなところをこすり洗いして処分。新しいブラシに取り換えることにしています。



次回の「くらしと片づけ研究所」は・・・

「家事セラピストの子育てお話会」を開催いたします☆

私たちが家事塾で学んだ子育てのお話と、今年大学受験を終えた母としての体験談をお伝えします。気になる教育費のお話もありますよ!お気軽にご参加ください☆


日 時:2018 年6 月29 日(火)10:00〜11:30
場 所:ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター) ※阪急千里線「南千里」駅すぐ
   〒565-0862 吹田市津雲台1−2−1 千里ニュータウンプラザ6階
講 師:家事塾認定1級家事セラピスト 宮田美穂 遠藤律子
受講料:2,000 円
持ち物:筆記用具
お申込:kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで「お名前」「ご連絡先」をメールにてお知らせください。

片づけユニット「くらしと片づけ研究所」が開催する新講座、夏バージョンのお知らせです。(春バージョン開催の様子はこちらから。)

さまざまな情報が溢れ、忙しく過ぎていく毎日も、自分軸を大切に暮らせたら素敵だと思いませんか?
片づけ、家事、時間と家計の管理などをテーマに、季節に合わせた賢い暮らし方をご提案するシリーズ講座です。





第2回目「夏のくらしと片づけ講座」は、梅雨入り前に気を付けること、暑い季節の上手な乗り切り方などを考えます。単発の参加も大歓迎です。

<講座内容(予定)>
・台所の片づけ
・水回りのカンタンおそうじ術
・夏の家事時間
・夏の時短メニュー
・節約だけでない、支出の減らし方
など

日 時:2018年5月29日(火)10:00〜11:30
場 所:ラコルタ  ※阪急千里線「南千里」駅すぐ
    大阪府吹田市津雲台1-2-1 千里ニュータウンプラザ6階

講 師:家事塾認定1級家事セラピスト 遠藤 律子&宮田 美穂
受講料:3,000円
定 員:8名     
持ち物:筆記用具
お申込:kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで「お名前」「ご連絡先」をメールにてお知らせください。


Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM