昨日は友人と原田知世ちゃんのライブへ☆
もうすっかり大人の女性ですが、やっぱり、「知世ちゃん」と呼びたくなります。
幾つになっても変わらない、あの透明感!実物はテレビなどで見るよりもいっそう華奢で、顔なんて、とっても小さくて、お人形のようでした。ああ、もう可愛かった〜☆

場所は久しぶりに来た、ビルボードライブ大阪。前に来たのは、まだブルーノート大阪の頃だったかも。お酒を片手に友人とライブを楽しめるようになるなんて!ああ、子育てもひと段落したのだなあ、とあらためて実感。

フロア席を占めるのが結構年配の男性陣だったことにビックリ☆もっと、女性客が多いものかと思ってました。きっと、皆さん「時をかける少女」の頃からのファンなのだろうなあ・・・。




ライブが始まるまでの短い時間、白ワインとタパスをつまみながら、友人とのおしゃべりもまた楽し。今回、すでにSOLD OUTだったのを、友人が根気強く電話してくれたおかげで、前日にキャンセルが出たのです!感謝☆





曲目は、今年発売されたカヴァーアルバム「恋愛小説」の曲を中心に。
独特のウィスパーヴォイス。声を切る時の感じが何とも言えない唄い方。
バックの6名のバンドメンバーがとっても良くて、ジャジーな曲では本当に雰囲気に浸れました。






昨年のアルバム「noon moon」からも何曲か。やはり、オリジナル曲であり、歌詞が日本語なので、より感情がこもっていて良かったです☆





そして、アンコール最後の曲は、伊藤ゴローさんのギターで「時をかける少女」のアコースティックバージョン。
名曲ですね☆

1