今日はFintech(フィンテック)についての勉強会に行って来ました。

フィンテックとは、金融(ファイナンシャル)と技術(テクノロジー)を組み合わせた造語です。

電子マネー、スマホ決済、仮想通貨・・・

お金の電子化によって、新しい金融サービスがたくさん生まれています。

キャッシュレスが当たり前の時代に必要な基本知識を学んできました。

 

 

学んだことをいかに活用するかは、自分次第。

あらゆることに言えると思いますが、お金の知識も、ただ知っているだけでは意味がなくて、どのように取り入れるかという自分軸の形成が大事☆

お金のこと、学校でも習いませんよね?

でも、人生において、お金は大事。そのお金にどのように向き合うべきかを一緒に考えませんか?

 

◆わたしらしくシンプルなお金とのつき合い方◆

・家計簿不要のカンタン家計管理
・自分のやりたいことにお金を使うために
・人生100年時代にいくら必要?  

など、小手先のテクニックではない、お金とのつき合い方をお伝えします。
「家計簿が続かない」「自分への投資も惜しみたくない」といった方にオススメです。

 

日 時:2019年7月2日(火)14:30〜16:00

場 所:ル・サンク北浜

   大阪市大阪府大阪市中央区高麗橋1−7−3

受講料:6,000円(お茶とデザートプレート付)

お申込&お問い合わせ:miyata@kurakataken.net

こちらまで✉にてお名前と連絡先をお知らせください☆

昨日は、<上質で美しい人生をあなたに☆今から始める「暮らしの体質改善」セミナー Vol.2〜お金が貯まる体質になる!〜>を開催しました。美しい妊婦さんと海外から戻ったばかりという経営者さまにご参加いただきました。

 

普段は主に片づけのサポートをさせていただいている私ですが、活動を通して片づけとお金には密接な関係があると日々実感しています。3年ほど前からファイナンシャルプランナーの勉強を始めたこともあり、お金のことをいろんな側面から考えられるようになりました。お金の専門家とは違う、そんな私ならではの講座をやってみたら?と講師仲間の遠藤律子さんと若槻佳美さんに背中を押していただき、実現した講座です。

 

 


ところで、「お金が貯まる体質」って、どんなものでしょう?

お金は「貯める」ことに価値があるのではなく、「使う」時にこそ、その価値が発揮されます。

だから、「なんとなく」ではなく、「ここぞという時」にしっかり使いたいですね☆

そのための家計管理に必要なのは、ただひたすら苦しい節約とか、細かくて面倒な家計簿をつけることではないと思います。

 

人生にはたくさんの考えるべきことがあります。

だから、日々お金の心配ばかりはしていられない。

そんな全ての方に、ここさえ押さえれば大丈夫!というシンプルな考え方をお伝えする講座になったのでは、と思っています。

 

上質で美しい人生を求める女性に向けて企画した「暮らしの体質改善」セミナーですが、

このお金の講座はこれから社会人になる学生さんや新入社員の方にもぜひ聴いていただきたいです。

何を隠そう、私がこの講座を一番受けて欲しいのは、自分の娘と息子です(笑)。

 

 

上質で美しい人生をあなたに

今から始める「暮らしの体質改善」セミナー

〜お金が貯まる体質になる!〜は、

次回、12月15日(土)に開催します。

 

お申込&お問い合わせはosaka.kaizen@gmail.comまで

 

 

 

 

 

我が家には自転車が二台あるのですが、使用する頻度は少なめです。駅近に住んでいるので、通勤・通学にも必要なく、これまで自転車の保険については検討したことがありませんでした。
今回、大阪府の条例で、自転車を利用する人は自転車保険に加入することが7月1日から義務化されました。

これを機に、自転車保険について調べてみることにしました。




自転車保険は主に2つの保険内容で構成されていて、

1.自分が自転車に乗っていてけがをした時のための保険→医療保険

2.相手にけがをさせた時の保険→個人賠償責任保険

となっています。

1の医療保険は、今入っているものがあれば、自転車によるケガの時にも出るので、新たに加入しなくてもいいと考えられます。(とは言っても、我が家は子どもと私の医療保険はかけていませんが。医療保険は稼ぎ頭の夫だけで十分、と考えています。)

今回、大事なのは2の方。こちらがどれだけ手厚いかが重要だと思っています。

平成25年に神戸で小学生が自転車に乗っていて相手にけがをさせ、母親に9500万円の賠償命令が出た事件は衝撃的でした。

その金額のせいか、調べてみると賠償額が最大1億円という商品を多くみかけました。でも、私としては、ここは「無制限」にこだわりたい。

もう一つのギモンは、自転車保険は家族ごとに入らなければいけないのか?ということ。
我が家では今のところ、主に乗るのは息子くらい。私はときどき。娘と夫はまったく乗りません。
こういう場合、どこまでカバーしておくべき?


この個人賠償責任保険、じつは自動車保険や火災保険、損害保険の特約として付加されていることがよくあるそうです。

そこで、ネットで我が家の自動車保険の内容を見てみると、特約としてちゃんと付いていることが分かりました。
でも、念には念を押したいので、一応、保険会社にも電話して確認することに。

補償額は無制限。保険の契約者は夫ですが、家族全員が対象だということも確認できました。

自転車保険の掛け金は調べたなかでは月々300円から400円前後が多かったです。年間で4000円〜5000円前後。これって結構な金額だと思うのですが、商品説明ではたいてい月額で書かれていますね。300円くらいなら、ま、いっか。って考えがちですからね。

我が家の場合、自動車保険に付いていましたが、もし、特約として付いていなくても、オプションで追加できるようなら、そちらを検討したほうが、金額的にはきっと安くなるのではないでしょうか。
また、クレジットカードにも付いていることがあるようなので、確認してみてもいいと思います。

我が家の保障内容はまずまず希望通りで安心したとは言え、もちろん、けがはしないこと、させないことが何より。常に安全に乗るための心構えを再確認していきたいです。






1

Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM