先日、義母の三回忌を無事終えました。両親は九州出身なので、親戚も九州から来ていただきます。遠くて普段はなかなかお会いできませんが、法事の後に食事をしながら、義母の若い頃や夫の子どもの頃の話を聞くのはとても楽しいひとときです。義母はあまりにも早く亡くなってしまったけれど、こうして残された者たちに楽しい時間を提供してくれているのだなあ、と思うと感謝の気持ちでいっぱいです。

伯母夫婦がいつもお供えに持って来てくださるのがこのお菓子。福岡のお菓子屋さん「さかえ屋」の「なんばん往来」。これがとっても美味しくて、娘はすっかりファンになってしまっています♪





写真で分かっていただけるでしょうか?アーモンド粉で焼いたスポンジ生地の下を薄いパイ生地が包んでいます。この組み合わせが他にはない独特の食感で、アーモンド粉の生地も素朴ながらも後を引く美味しさなんです。




福岡空港や、博多駅のお土産物売り場で購入できるほか、お取り寄せも出来るようです。→コチラ

家事塾の新しい企画の打ち合わせに行って来ました。先方との待ち合わせ時間が12時45分だったので、もう一人の家事セラピストと早めに行ってランチをしよう、ということに。駅前の商店街をぶらぶらしていて、可愛い外観に惹かれて入ってみたお店「ビストロかたおか」さん☆

スープ、メイン、パン、コーヒーのランチメニューをいただきました。メインはお肉とお魚から選べるのですが、私たちが選んだお魚のメインはなんと、「海老のロールキャベツ」。ふわっふわのすり身をキャベツで包み込み、下にはラタトゥイユとサフランライスが敷かれたお料理。バターの風味が効いたソースがたっぷりかかっています。一緒に食べると三位一体の何とも言えぬ美味しさ。感動でした☆




打ち合わせでは、今年新たな企画が生まれそうな素敵な場所をご紹介いただきました。家事塾では「私」自身がより良く生きるための講座も開催していますが、「家族」が一緒に楽しく生活できる講座を多数取り揃えています。こちらのオーナーの方の想いはそんな家事塾の方向性ととても共通するところが多く、今後一緒に展開させていただきたいアイディアが次々に浮かんでくる、楽しい打ち合わせとなりました。ご縁に感謝☆です。


1

Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM