もう20年ほど愛用しているサンダルがあります。ドイツのメーカー「ビルケンシュトック」のもの。
夫も同じものを履いていますが、なぜか私より傷むスピードが早い( ゚Д゚)
リペアサービスもあるのですが、夫のはもうそういう次元ではなかったので、新調するため先日お店に伺いました。

夫はいつもコレ。定番ラムゼス ダークブラウン 。すでに3足目です。





久しぶりにゆっくりお店を見て回っていて、目に留まったのがコレ!!インソール ブルーフットベッドトラディション、靴の中敷きです。



注;写真はトラディションじゃなくスポーツが写ってます

ビルケンシュトックはもともと、靴の中敷きから始まった会社なんですって。20年来愛用しているのに、知らなかった〜。
この中敷き、一つ持っていれば、手持ちのどんな靴にも付け替えることが出来る、というもの。店員さんに勧められるまま試してみると、足裏のアーチをきちんとサポートしてくれて、とっても快適☆すっかり気に入って夫のと二人分購入しました。

で、数日使っているうちに、もう一つ良いところが!

パンプス用ソックスと言うのか、フットカバーと言うのか、こういう靴下ありますよね?


(写真、お借りしました)


これ、履いているうちに靴の中でかかと部分が脱げませんか?私はそれによく悩まされていたのですが、この中敷きを入れてから、全く脱げなくなりました。本当にオススメです!(注:ビルケンシュトックの回し者ではありません、笑)


::::::::::::::::::::::::::::::
<講座のお知らせ>
クローゼットの片づけ講座、開催します☆


☑服が多すぎて、クローゼットの扉が閉まらない
☑服はたくさんあるのに、着る服がない!と毎朝悩む
☑いつも同じような恰好、もっとおしゃれがしたい!
そんな方はぜひ!

日時:2017年9月19日(火)10:00〜11:30
場 所:ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター) ※阪急千里線「南千里」駅すぐ
    〒565-0862吹田市津雲台1−2−1 千里ニュータウンプラザ6階
■講座内容■
〇クローゼットのお悩み解剖
〇クローゼットの片づけ基本ルール
〇自分に合った片づけ方法発見 ほか

講 師:家事塾認定1級家事セラピスト 宮田 美穂&遠藤律子
受講料:3,000円    
定 員:8名     
持ち物:筆記用具
お申込:kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで
「お名前」「ご連絡先」をメールにてお知らせください。

40代も半ばを過ぎると、だんだん洋服選びが難しくなりませんか?
若いころは似合うかどうかなんて考えず、着たいものをえいやっとばかりに着てしまえば、何とかなったものですが(あくまで当人比)、このぐらいの年齢になると、いろいろ問題が・・・。

体型的に隠したいところが出てきたり、顔映りが気になったり・・・。
今まで着ていたブランドのものがしっくり来なくなったり・・・。

先日、そんなお悩みを解消するイベントを開催しました。名付けて「大人の遠足 第一弾〜おすすめショップめぐりとランチ会〜」

伺ったのは、「ユーロライフスタイル」さん。







この日の大阪は5月にもかかわらず、真夏を思わせる暑さ。しっかり水分を摂ってね♬と炭酸水やレモンなども用意してくださっていました。



店内も素敵なんです。チラリと映っているのがこのお店のマダム。「洋服には着てみないと分からないことが多いの。無理にオススメしたりしないから、どんどん試着してみて!」と背中を押して下さいました☆




たっぷりと試着&お買い物を楽しんだ後は、美味しいものをいただきに☆かつて消防署だった建物(登録有形文化財)を利用したイタリアンレストランへ。




参加者さまから「こんなにワクワクしながら、洋服を選べたのは久しぶり!」
「自分では絶対に手に取ることのないデザインのものを購入できた!」
と、うれしいご感想をいただきました。

いくつになっても洋服選びは「楽しい」ものであって欲しいですね☆

「大人の遠足 第2弾」も企画中ですので、お楽しみに!

インスタグラムでも活動の様子などを配信しています☆→コチラ



梅田の伊勢丹撤退跡にオープンしたばかりのルクア1100(イイレと読むらしい)に、娘と行って来ました。私は人混みとか行列に並ぶことが苦手なので、オープンしたばかりの商業施設なんて普段なら絶対に寄り付かないのですが、今回は娘のたっての希望で。

お目当てはコチラ。「キキとララ」の専門店。





私の子どもの頃にも流行った懐かしいキャラクターが、今また人気急上昇中らしいのです。ショップ内は子どもよりも大人のお客さんが多くてビックリ。懐かしいキャラクターだからか、今見ると逆に新鮮だからか、飛ぶように売れていました。

娘の付き添いで行ったつもりが、いざ足を踏み入れると素敵なお店がいっぱいで、目移りしてしまいます。そんななか、気になるネックレスを発見☆これは出会いだと思って、迷わず購入することに(笑)。

京都にお店を構えている作家さんのもので、手作りっぽい感じがなんとも良くて。同じデザインでベージュ系にするか紺系にするか悩んでいたら、横で商品を眺めていた女性(見知らぬお客さんです)が「私もそのベージュを持っているけど、これからの季節、何にでも合って重宝するわよ」とアドバイスしてくれて、では、と従うことに。この女性、ここの商品の大ファンでいくつも持っているのだとか。お揃いでこんなブレスレットもあるわよ、とか、シンプルな洋服の時でもここのアクセサリーをつけると、着こなしが華やかになるのよ、とか、本当にお好きなんでしょうね。いろいろお話し聞かせていただきました☆

お勘定を済ませたら、お店の人がプレゼントしてくれたのが、こんなに可愛いバッグのチャーム。ノベルティとして100個用意していたものの、これが最後の1個です、とのこと。不思議なもので、そう言われると一層嬉しくなりました。



スターバックスでちょっと休憩。何気なく見たら、娘のカップの底にニコちゃんマークが。粋な計らいですねえ。




MUSEUM OF KYOTOで見つけた「マールブランシュ」のお濃茶フォンダンショコラ。壁画家がデザインした特別パッケージだそうで、これもつい買っちゃいました。とっても美味しくて、抹茶好きの娘も悶絶☆4月15日までの期間限定販売だそうです。





人混みは苦手ですが、素敵なものや美しいものを眺めるショップクルーズはやはり楽しいもんですねえ。次はエッグヴェネディクトを食べたいねえ、なんて娘と言いながらサラベスのお店前に出来ている行列を横目に帰宅しました。

昔から視力だけは良かった私。学生時代はずっと2.0(←いかに勉強していないかが分かる?!)。40代に入ってからの人間ドックでもいつも1.5という抜群の数値を誇っておりました。ところが、昨年あたりから、急速に小さい文字が見えなくなってきたのです(涙)。商品パッケージの原材料名とか、洋服の裏についているタグの素材表示とかの小さな文字や夕暮れ時に読む活字がなんとも見えにくい。

そうか、とうとう私にもやってきたのか。。。

老眼が!

そんなわけで、購入しました。老眼鏡。



全く縁の無かったメガネ屋さん。検査とか煩わしそうだし、値段も高いんだろうな〜と勝手に思っていましたが、今は安くて速いメガネ屋さんがいっぱいあるんですね。検査から、選んだフレームへのレンズ入れ、かけ心地の微調整まででざっと1時間ほど。こんなことなら面倒がらずにもっと早く行けば良かったと思いました。

ところで私、ずっと「メガネ女子」というものに憧れていたのですよねえ。知的で意志的な感じがして、素敵だわ〜と。これでやっと私も仲間入り〜と思ったら「メガネおばさん」でしたけど、ま、いっか(笑)。

1

Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM