撮った写真をどう残すか・・・なかなか答えの出ない問題だと思っています。

写真、昔から撮られるのは苦手ですが、撮るのは好きでした。娘が生まれた頃は(17年前)、その愛らしい姿をすべて残したい!と(親バカ全開でスミマセン)張り切って一眼レフのカメラを買い、撮りまくっていましたが、そのうち持ち運びもラクなコンパクトデジタルカメラに。今では、ほとんどスマートフォンのカメラで事足りています。





撮るのは楽しいけれど、その後厄介なのが写真の整理です。お店でフィルムを現像してもらって、アルバムに貼っていた頃に比べると、ずいぶんラクになったと言うべきでしょうが、やはり、それなりに悩みは尽きません。

デジカメやスマホは手軽に撮ることができ、ハードディスクやスマートメディアに大量に保存できるため、ちょっと気を許すと、ものすごい量の写真が溜まってしまいます。後でまとめて、なんて考えていると、おびただしい量に見返すのも嫌になる事が。

本来、写真は思い出や記録として撮られるもの。後から眺めてこそ、その真価を発揮します。
そのためにはきちんと整理して残しておかないと、見返すことが出来ません。

長年やって来ている私の整理法は、



まず、旅行や行事など、写真をたくさん撮った日は、帰宅後その日のうちにパソコンにデータを移します。旅行の荷物を片づけるのと同じで、写真もその日のうちに、とりあえず片づけてしまうようにしています。

大量の写真をざーっと見返して、同じようなアングルで何枚も撮っていたり、ピンぼけ、変な映り込みがあるものなどを、消去します。
食べたものや、記録にすぎない(分かればいい程度の)写真で、画素数が必要以上に大きいものはサイズダウン。
ある程度絞り込んだらフォルダに入れて、日付と場所(あるいはイベント名)を付けて終了。
それぞれのフォルダは、月ごとと、年ごとのフォルダにいれています。

ざっくりとした整理方法ですが、私は長年これでやって来て、特に困ったことはありません。あまり細かく分類するのは続かないし。とにかく日付を付けておくことが何よりも肝心だと思っています。
昔の旅行の写真が見たくなったら、その日付をたどればいいからです。いつ旅行したかは、私の場合、最近のであれば、手帳を見ればいいし、手帳を繰るのが面倒なほど前のものは、ブログ(このブログとは別に日々の出来事を長年記録しています)を検索すれば分かります。

すべての写真をパソコンのハードディスクに保存すると、すぐに一杯になってしまいますし、パソコンが壊れてデータが消えてしまう、という惨事をふせぐために、CD-Rと外付けのハードディスクに、バックアップを取っています。

ついつい、保存すること、記録を残すことに躍起になってしまう私ですが、先日、中3息子とこんなやり取りがありました。

デジカメを持って修学旅行に行った息子。帰宅後、見せてもらうと、2泊3日の旅行にも関わらず、あまりにも少ない写真の枚数に、思わず「たった、これだけしか撮らなかったの?」と聞いてしまいました。
すると、「大事なものは目に焼き付けて来たから」とのこと。

見事にやられました(笑)。
撮った写真の整理に追われる自分を反省した次第です。

  • -
  • 20:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM