我が家の高3娘、部活はダンス部に所属しています。
来月の引退に向けて、今は集大成の舞台の練習に昼休みも週末も返上して忙しそう。

いつも舞台が決まると、そのプログラムに合わせていろんな衣装を手作りしていました。
布地を買ってきてミシンで縫ったり、既製品をネットで購入して手を加えたり。
でも、今回は家で不用になった白Tシャツをハサミで切り刻んだ衣装にすることになったらしい。

で、困った。



我が家には不要になった洋服、というものがありません。

不要になった時点ですぐに処分するので、そのまま保存されていることがないのです。

「みんなは普通に家にあったーと持ってくるのに、うちには無い。どうしよう・・・」と、娘。

結局、新品のTシャツを買いに行って、それを切ることになりました。

新品のものを一回だけの舞台のために切り刻むことが、娘としては「もったいない」と思ったようです。
一度きりのために新しいものを買うことにも抵抗を感じたよう。

でも、私からすれば、将来使うかどうか分からない古着を何年も保管する方が「もったいない」。そのために割くスペースもそうだし、保管していることを覚えておく「脳内のスペース」も(記憶力が乏しいことの言い訳、とも言う)。
今、必要のないものはすぐに処分。将来、もし必要になれば、その都度調達する方が、はるかにスッキリと過ごせます。

皆さんはいかがですか?

***************************
「スッキリ暮らす時間の技術」講座を開催します☆
日時 6/20(火)13:30〜15:30
会場 千里ニュータウンプラザ6Fラコルタ会議室
   (吹田市津雲台1-2-1)

☑ 家事や育児だけでなく、自分のための時間を持ちたい!
☑ 出産や産休明けの職場復帰など、生活の変化に対応できるか不安・・・
☑ 時間はあるはずなのに、やりたいことの半分も出来ていない気がする
☑ 一日をもっと有効に使いたい
☑ 手帳がうまく使いこなせない、どんな手帳を選べばよいか悩んでいる
そんな方のための時間管理(タイムマネジメント)講座です。

なりたい自分、理想の暮らしを実現するために必要な時間管理の方法をお伝えします。

<講座内容>
・時間のお悩みを棚卸し
・時間を見直すための10のヒント
・手帳の活用術
・少人数制でおひとりおひとりに合わせてアドバイス

受講料:4,000円
定 員:8名     
持ち物:筆記用具、色鉛筆
お申込:kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで
「お名前」「ご連絡先」をメールにてお知らせください。



  • -
  • 12:09
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment