なんだかバタバタとした毎日を過ごしていて、久々の更新となりました。慌ただしい日常を忘れ、潤いのある時間を持ちたい!と思い立ち、友人を誘って、阿倍野にあるギャラリー「舎林」へ。

「赤木智子の生活道具店」という展示会を観に伺いました。




赤木智子さんは、輪島で塗師として素敵な漆の作品を作っていらっしゃる赤木明登さんの奥様です。明登さんの漆のお椀はもちろんのこと、たわしや箒、衣類まで、ご夫婦の日々の生活のなかで使ってらっしゃる様々なモノたちが並んでいました。

私が購入したのは、この秋買った靴に合わせたいANTIPASTのソックスと、ずっと気になっていたmon sakataのアームカバー(というのかな?)を母へのプレゼント用に。

面白かったのは、後から来たお客さんが私たちに話しかけてきたこと。「これって何に使うもの?」と私が購入したアームカバーについて質問されたのです。最初、あれ?私たちのこと、お店の人と勘違いされているのかしら?とも思いましたが、そういうわけでもなく、普通に会話は続きます。そのうち、「これってアームカバーだけじゃなく、レッグウォーマーとしても使えそうよね。」「どの柄が良いかしら?」などなど、初対面とは思えないほど打ち解けて(笑)。私が母へのプレゼントとして購入する、と言うと、「お母様はおいくつ?あら、私と同年代ね。だったら、あなたが選んだその柄で絶対に良いと思うわよ」などとアドバイスまでいただきました。
その後も「この手ぬぐいの柄、良いですよね〜」「私なら、こういう風に使うかな」なんて話していたら、ギャラリーの方も思わず「え、どんな使い方ですか?私も知りたいです」なんて、話に入って来られて、和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。



気の置けない友人と美味しいお昼も食べて、時間が許す限りひたすらおしゃべりして。久しぶりにリフレッシュ出来ました。よし、明日からも頑張るぞ〜。

  • -
  • 21:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM