子どもって、小さい頃はママのマネして家事をしたがるのに、本当にあてにしたい年齢になると、習い事やら塾、お勉強に忙しくなって、なかなかお手伝いしてくれませんよね(困)。



家事塾では、全国で「親子のためのお手伝い塾」を開催しています。参加してくれたお子さんに、「お手伝いのどんなところが好き?どんなところが嫌?」と言う質問をすると、年齢の小さいお子さんほど「嫌なところ」は思い浮かばないようです。

みんな、「〇〇するのが好き〜」「〇〇のお手伝いが好き〜」と、おうちの仕事をするのが嬉しくて仕方ない様子。

ママが自分でやった方が早いし、まだまだお手伝いと言うよりは「邪魔している」に近い(笑)かもしれませんが、この時期のお子さんの「お手伝い、大好き〜!」という気持ちを上手に伸ばしてあげられたら、将来はママも助かるし、お子さん自身の生きる力になり、自信にもつながっていきます。
だからこそ、小さなお子さんの手を上手に借りて一緒に家のコトをしたいものですね。お手伝いを始めるのはある意味、早ければ早いほど良いのかもしれません。

うちの子はもう、大きくなっちゃったから手遅れなのかしら・・・と思った、そこのアナタ!
決して遅くはありませんよ!

我が家の中2息子と高1娘は、もう「お手伝い、大好き〜!」などとは言ってくれない年齢となりましたが、それでも、何かしてくれた時に「ありがとう〜。助かったわ〜!」と言うと、照れくさそうにしながらもまんざらではない表情をします。

子どもは何歳になってもお母さんを喜ばせたい、と思ってくれる純粋な存在なんですよね☆何歳からでも、どんな小さな事からでも、家のコトを家族で共有してみましょう!





さてさて、この冬も、家事塾のお手伝い塾、開催されますよ〜♪

関西で活動する仲間の家事セラピストが開催するものをご紹介します!

【京都】12/5 家族で一緒に!大そうじをしよう!

【大阪・池田市】12/6 机まわりのかたづけ大作戦
※私もアシスタントとして参加いたします☆

【大阪・池田市】12/20 かぞくでいっしょに大そうじ

先日行われた、家事セラピスト総会についての第二弾です。

前回の記事はコチラ。

午後のプログラムは、盛りだくさんで、とても充実したものでした☆
家事セラピストによる活動報告や、新しく誕生した家事セラピストの認定式に続いて、「ワールドカフェ」というワークショップが行われました。

皆さん、ワールドカフェってご存知ですか?





私は、今回初めて知りました。「アイデアは機能的な会議室ではなく、オープンでリラックスしたカフェのような場所でこそ生まれる」という考えから生み出された手法なのですが、一つのテーマについて大人数の参加者が話し合う時にとても有効なツールだと思いましたので、簡単にご紹介したいと思います。

用意するのは模造紙とペンだけ☆

ちなみに、この日のテーマは

「地域のなかで家事セラピストとして活動していくためには?」


数人ずつのグループに分かれて座り、話し合った内容を模造紙にみんなでメモしていきます。

大勢の参加者が同時には無理なので、グループに分かれて話し合いをする、と言うのはよくあることですが、この時、あっちのグループはどんな話題で盛り上がっているんだろう?あっちの話にも入りたいな〜と言う気持ちになったりしますよね?

ワールドカフェでは、制限時間内を自分のグループで話し合ったら、次は別のグループで話し合うために、各自、好きなテーブルへ移動します!

ただし、グループに一人ファシリテーター(司会のような役目をする人です)を決め、その人だけは、ずっと同じテーブルにとどまります。そして、新しく来たメンバーに、それまでのメンバーから出た意見などを簡単に説明し、その上で話し合いを始めます。そして、新しいメンバーから出てきたアイデアも、どんどん同じ模造紙に書き足していきます。こんな風にメンバーはいくつかのテーブルを渡り歩き、新しいメンバーと話し合い、アイデアを追加したり、膨らませたりしていくのです。

最後に、メンバーはもと居たテーブルに戻り、みんなのアイデアが満載の模造紙を前にしながら、ファシリテーターと一緒に情報を整理し、新しい模造紙にまとめて発表する、という具合。

グループごとに話し合って発表するだけだと〇がいくつか並んでいる感じですが、ワールドカフェ形式だとたくさんの〇が幾重にも重なっているうえに、ひとつひとつの〇も大きいものになるイメージです。とても面白くて新鮮な体験でした☆

そして・・・参加者からたくさん出た「地域のなかで家事セラピストとして活動していく」ためのアイデア。私も出来ることから一つずつトライしていきたいと思います。

昨日は、年に一度の家事セラピスト総会に出席しました。今年は、初の大阪開催です☆午後からの総会に先立って、午前中、家事セラピスト研修会として「スッキリ暮らす時間の技術」講座が開催されました。

講師は・・・なんと、この私!冷や汗

全国から集まったセラピストの皆さんは、私などよりずっと活躍されている方ばかり。おまけに、家事塾事務局の方々や家事塾主宰の辰巳渚先生までが陪席されている中での講師役!全身を滝汗が流れていたことは言うまでもありません。

冒頭の自己紹介で皆さんからの視線を一身に浴び、

「家事セラピストの方々の前で、講座をさせていただくなんて初めてだし・・・
とても緊張しています

と思わず言いそうになりました。

でも、私のなかで一つ決めていることがあります。
それは、どんなに緊張していても、講座の前に「緊張しています」とは言わないこと。
その一言をうっかり口にしてしまうと、もっともっと緊張してしまう気がするのです。

昨日は、その代わりに「家事セラピストの方々の前で、講座をさせていただくなんて初めてですが、
皆さんのお力を借りて講座を進めさせていただければ、と思っています

と言い換えました。

もちろん、本当の気持ちでもあります。未熟な自分を嘆いても仕方ありません。皆さんの胸を借りるつもりで、やらせていただくことにしました。普段の講座では出ないような鋭い質問や意見も出て、流石は家事セラピスト、と思わされることが多かったです。とても良い経験をさせていただき、感謝しております☆



ワークシートに記入している家事セラピストの皆さん。澱みなくペンが動く様は、流石☆


いろんなご感想をいただきましたので、一部ご紹介☆

「今までの講師の概念が壊されました!講師たるものビシッとしなければ、と何となく勝手に思っていたけれど、ああいうのもアリなんですね!」

ああいうの・・・(笑)。大阪のおばちゃん丸出しな私のトークのことでしょうか?それとも、いろいろご披露した私のおバカな事例のせいでしょうか?(汗)いずれにしろ、褒め言葉ととることにします(←基本、ポジティブシンキング、笑)。

「あんなにリラックスできる講座って初めてでした!」

「大阪の講座って、皆さんの関西弁のせいか、なんだか時間がゆったりと流れる感じがしました」


そう感じてもらえたとしたら、大阪の家事セラピスト冥利につきます☆ 和気あいあい、みんなでおしゃべりが盛り上がる講座を心がけていますので!

まもなく、全国各地でも私以外の家事セラピストによる「時間の技術」講座が開催されることになりそうです。
その際には、私も他のセラピストさんの講座を是非受けてみたいです☆



お互いの生活時間の説明をし合うワーク。たとえ初対面でも、暮らしのことを話すと盛り上がります☆ 家事セラピスト同士なら尚更!


「スッキリ暮らす時間の技術」講座。以前開催した時の記事はコチラ☆





今月もメリーガーデンにてママおしゃべり会を開催させていただきました。

ご参加下さったのは、幼稚園や小学校のお子さんを持つママたち。
夕方からのバタバタする時間の忙しさと対象的に、昼間や時間の余裕がある時はついついのんびりしすぎてしまう・・・とのこと。

その余裕のある時間にもっと効率よく家事をこなしておけば、夕飯の時間や子どもたちを寝かせる時間がズルズルと遅くなってしまうこともないだろうに・・・と頭では分かっているのだけど、出来ない、というのが共通のお悩みでした。

いわゆる「うさぎとかめ」のうさぎさん状態ですね。

時間がたっぷりある、と思ってしまうと、ついつい気が大きくなって無駄遣いをしてしまう、というのは誰にでもありがち。でも、時間は目に見えない、というところがクセモノ!

だから、自分が何をするために、どのくらいの時間を使うのか意識する必要があります。
その一つとして、有効なのは「終了時間を決める」です。

例えば、家事。家事はやろうと思えばいくらでもやることがあって、キリがないですよね。何となくやっていると、ついつい時間が経っていたりするもの。そこで、あえて終わる時間を決めてしまう。その時間が来たら、途中であっても切り上げる、くらいの気持ちで取り組むと意外と効率よくなるものです。

撮り溜めたドラマを観よう、とか、ネットをする時なんかも、終了時間を決めておくだけで、やましい気持ちを持たずにその時間に集中して楽しめるのではないかと思います。

このほかにも、子どもたちをお手伝いに誘う言葉がけについてや、究極の時間節約法など、今回も1時間のあいだに、たっぷりお話しさせていただきました☆

最後に、それぞれのご感想を伺った時のこと、前回から続けて参加してくださっていた方から、こんなお言葉をいただきました。

「片づけで教えていただいたことを早速家で実践したら、すごく上手く行ったんです!それが嬉しくて、ご報告したくて今日も参加しました!」

飛び上がりたくなるくらいうれしかったです☆
今回も、何か一つでも、みなさんのヒントになり、お家でやってみよう!と思っていただければ幸いです☆

大阪福島区にある託児施設「Merry Garden(メリーガーデン)」では毎週いろんなテーマで「ママおしゃべり会」が開かれています。
管理栄養士やカラーリストなど、各分野で活動されているママやパパがホスト役。





楽しくおしゃべりするうちに気分が軽くなったり、新しい自分を発見したり、同じ地域に住む子育てママ同士の繋がりが出来たり、と、とても魅力的な企画。うちの子どもが小さい頃にも、近所にこういう場所があれば絶対通っていただろうなあ、と羨ましくなります。

さて、先週のおしゃべり会のテーマは「片づけ」!僭越ながら、家事セラピストであるワタクシがホスト役を担当させていただきました。

小さな子どもとの暮らしは、片づけても片づけてもすぐに散らかりますよね。今回参加してくださったのは、生後11か月の赤ちゃんから幼稚園のお子さんがいる方まで4名のママ。皆さん、家事に子育てに忙しいけれど、少しでもスッキリと暮らしたい、と頑張っていらっしゃる素敵なママばかりでした。

みなさんが抱える片づけの悩みは・・・
・引っ越しを機に、モノを減らして上手に収納したい
・効率のよい片づけ方を知りたい
・増える一方の子どものおもちゃ、どうしたらいい?
・全くモノが出ていない部屋を期待するパパとの考え方のギャップに困っている
・いずれは子ども部屋になるはずの一室が物置部屋に・・・なんとかしたい
・捨てるのが苦手・・・

などなど。

私自身も子どもが小さい頃、片づけに追われてストレスを溜めていた時期がありました。その頃は頑張って部屋を片づけた後でも、なぜだか気持ちはスッキリしないものを抱えていたように思います。

でも、家事塾と出会って、自分の暮らしを自分の手で回す、という意識を持ってから、いろんなことがストンと腑に落ちたんです。そんな家事塾の考え方のエッセンスを今回参加下さったママたちにもシェアしたい☆という気持ちで、いろいろお話しさせていただきました。

あっという間の一時間。もっともっとお話ししたいくらいでした☆
「早く帰って、片づけしたい!」
「片づけだけではなく、子どもとの向き合い方についてもヒントがあった」
などの嬉しい感想もいただきました。

次回は6月19日(金)に開催を予定しています。
テーマは「子育てママのための時間の使い方」。

・家事と育児に忙しくて、自分の時間が無い!
・やろうと思っていたことが出来ずに一日が終わってしまう。。。
・毎日が何となく流れていくけど、これでいいの?

そんな悩みを抱えるママ、是非お越しください。

■詳細はこちらをご覧ください
メリーガーデンFacebookイベントページ 

スッキリ暮らす「時間の技術」講座を開催させていただきました。ご参加下さった皆さま、ありがとうございました。
場所は大阪の南船場にある富士工業グループ大阪ショールーム様。インテリア性の高いレンジフードが多数展示されている素敵なショールームです。




最初に皆さんが時間についてどんなことで困っているのかをお聞きしました。
・余裕を持って準備していたつもりが何故か出かける頃にはバタバタしてしまう。
・やりたいことを詰めこみ過ぎているのか、時間が足りない。
・何となく過ごしているけれど、もっと上手な時間の使い方があるのではないか。
・家族のスケジュールに振り回されている。
・その日にやりたいと思っていたことをやり切れずに一日が終わる。

うんうん、私も同じだなーと思うような事ばかりです。

時間は目に見えないので、何となく過ぎて行ったり、ちゃんと使えているのか確認しにくかったり・・・。
講座では、そんな時間を「見える化」することで、解決の糸口を探します。

ワークシートに書き込んだり、色分けしたり、グループで話し合ったり、といろんな作業をする中で、皆さんの時間の使い方、今後工夫できそうなこと、が少しずつ浮き彫りになっていきます。グループでシェアする場面では、皆さん初対面にもかかわらず、随分お話が弾んでいました☆





ワークショップのなかで皆さん自身が解決策に気付くことが多いのですが、講師の私からも生活時間を見直すヒントをいくつかお話ししました。

その中で、特に反響があったのが「今に集中する」です。

日常のなかで、「あれをしなきゃ」とずっと頭のどこかで考えていませんか?これって、脳の中の短期記憶のスペースを占領してしまうんですって。
そういうことに煩わされないようにして「今やっていることだけに集中」することで、時間の「質」がアップします。

時間の「量」は限られています。「質」を上げていくことも、大切にしたいものですね。





本日、「親の家の片づけ講座」開催させていただきました。生憎の雨模様にも関わらず、お集まりくださった方々、ありがとうございました。

それぞれ、親子の関係性も、性格も、置かれた状況も違う。だから、親の家の片づけには「これが王道!」みたいな正解はありません。でも、その一方で共通の困りごともたくさんあります。

今日集まっていただいた方々には、これは自分だけが悩んでいる問題ではなく、多くの人が悩んでいること、人の話を聞くことでいろんなヒントを共有できることを実感していただきたいと思っていました。

もちろん、講座の中で私からお伝えしたいこともたくさんあります。でも、一方的に話を聞くだけだと、その時は分かったような気になるけれど、後で実際に行動していけるか、となると???と「はてなマーク」がつくことに。そこで、私からのお話は最低限に絞り、皆さんの考えをシェアしたり、ワークで頭をひねったりすることで、帰ったら実践しよう!と思っていただける講座をこころがけました。

皆さん、いっぱいメモしたり、ワークにも真剣に取り組んでくださいました。

最後に「片づけの前にまず、親とのコミュニケーション不足を解消したい」という感想を述べて下さった方がいらっしゃいました。私が講座の中で一番お伝えしたかったことだけに、その言葉を聞いて本当にうれしかったです☆

親の家を親子で一緒に片づけることで、親子のコミュニケーションが増えるといいなあ、と思います☆

その時、知っているようで知らない親の一面を見ることが出来るかもしれません。面と向かって聞くのは気恥ずかしいことも、片づけを通してやると、案外スムーズに行くものですよ♪

このたび、家事塾・大阪のFacebookページが誕生しました。コチラからどうぞ☆
家事塾認定1級家事セラピストのうち、関西で活動をしている仲間たちとこれまで協力してきましたが、その活動を皆様にもっと知っていただけるようにと開設することになりました。
講座やイベントのお知らせはもちろんのこと、セラピストたちの日々の暮らしや家事についてのあれこれなども発信していければ、と思います。皆さまの「いいね!」をお待ちしています。


今日は朝から夕方まで打ち合わせが3件。充実の一日でした。写真は最初にお邪魔した、富士工業グループさまの「アリアフィーナ」ショールーム。こちらは、私たちが家事セラピストになりたての頃に講座をさせていただいた場所です。海のものとも山のものとも分からない私たちに快く場所を提供してくださり、第一歩を踏み出させていただいた場所です。今年はまたこちらで講座をさせていただくことになりました。詳細はまたお知らせいたします☆

スタイリッシュな換気扇で人気のアリアフィーナさんですが、このところ特に人気の商品があります。それは、「クーキレイ」。皆さん、ダイニングテーブルでお鍋とかホットプレートを使ったお料理の時に、換気に困ったことはありませんか?「クーキレイ」は、卓上の照明と換気扇機能が一体化した商品なのです。「こんなのあったらいいのにな〜」と誰もが待っていた商品。メディアで多数紹介されていることもあり、随分人気のようです。この日、私たちがショールームにお邪魔した時も、熱心に説明を聞くお客さまがいらしてました。

次の打ち合わせまでの残り時間は30分足らず。お昼を食べるべく、最初に見つけた麺処に飛び込みました。 私が注文したのは「京揚げと山菜の温蕎麦」。関西風のおだしにたっぷりの麺。あっさりしているのに、ボリュームたっぷりでお腹いっぱいに!御馳走様でした☆


Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM