月曜の午前、家族がみんな出払って、家事も一区切りついた頃、決まって我が家の電話が鳴ります。出る前から相手は分かっています。母です。

70歳を過ぎて、私の母は英会話を習い始めました。
始めると聞いたときは「ふうーーん」と、他人事に思っていた私ですが・・・。
毎週のようにかかってくる電話に付き合わされることに(苦笑)。

授業のはじめに、先週あったことを簡単に英語で話す、というミッションがあるらしいのですが、そのための原稿を添削してくれ、というのです。
これが、すこぶる大変!






まず、書いた英文をメールなどで送ってくるのではなく、電話口で読み上げられます。
母だって高校までは英語の授業を受けていたわけだし、習いに行こうというくらいだから、少しは出来るのだろう、と思っていましたが、蓋を開けてみたら、文法は無茶苦茶、発音も何を言っているのか分かりません。
一文一文、やり取りをしているとあっという間に午前の時間が飛んでいきます。
これには流石に閉口しました。正直、月曜の午前に電話が鳴ると恐怖すら覚えるほど(笑)。

それに加えて、人間は年をとるとわがままになるようで、こちらが良かれと思って、修正をしてあげているのに、「一所懸命に書いたものを全部間違っていると言われると、折角のやる気が無くなっていく!」と文句を言われたことも!

私の英語が合っているとも限らないし、お金を出して習いに行っているのだから、その先生に聞けばいいじゃない!とも思いますが、70歳を過ぎた人が毎週チャレンジをしているのだから、娘としては応援し続けたいと思います。

そんな電話を続けているうちに、3年ほどが経ちました。
相変わらず添削を続けているのですが、最近では母の書いた作文がそれなりに理解可能な体裁になってきました。
続けるということは、やはり素晴らしいですね。そして、何歳になっても新しいことを始められるんだ、という勇気を母からもらいました。

先日は初めてスポーツクラブのエアロビ教室に行って来た、という母。「振り付けが全然覚えられないの!もう、めちゃくちゃで、自分でも可笑しくて笑えそうなんだけど、知らない人ばかりだし、別に恥かいてもいいかと思って」と電話口で明るく話す母に脱帽です。

子どもって、小さい頃はママのマネして家事をしたがるのに、本当にあてにしたい年齢になると、習い事やら塾、お勉強に忙しくなって、なかなかお手伝いしてくれませんよね(困)。



家事塾では、全国で「親子のためのお手伝い塾」を開催しています。参加してくれたお子さんに、「お手伝いのどんなところが好き?どんなところが嫌?」と言う質問をすると、年齢の小さいお子さんほど「嫌なところ」は思い浮かばないようです。

みんな、「〇〇するのが好き〜」「〇〇のお手伝いが好き〜」と、おうちの仕事をするのが嬉しくて仕方ない様子。

ママが自分でやった方が早いし、まだまだお手伝いと言うよりは「邪魔している」に近い(笑)かもしれませんが、この時期のお子さんの「お手伝い、大好き〜!」という気持ちを上手に伸ばしてあげられたら、将来はママも助かるし、お子さん自身の生きる力になり、自信にもつながっていきます。
だからこそ、小さなお子さんの手を上手に借りて一緒に家のコトをしたいものですね。お手伝いを始めるのはある意味、早ければ早いほど良いのかもしれません。

うちの子はもう、大きくなっちゃったから手遅れなのかしら・・・と思った、そこのアナタ!
決して遅くはありませんよ!

我が家の中2息子と高1娘は、もう「お手伝い、大好き〜!」などとは言ってくれない年齢となりましたが、それでも、何かしてくれた時に「ありがとう〜。助かったわ〜!」と言うと、照れくさそうにしながらもまんざらではない表情をします。

子どもは何歳になってもお母さんを喜ばせたい、と思ってくれる純粋な存在なんですよね☆何歳からでも、どんな小さな事からでも、家のコトを家族で共有してみましょう!





さてさて、この冬も、家事塾のお手伝い塾、開催されますよ〜♪

関西で活動する仲間の家事セラピストが開催するものをご紹介します!

【京都】12/5 家族で一緒に!大そうじをしよう!

【大阪・池田市】12/6 机まわりのかたづけ大作戦
※私もアシスタントとして参加いたします☆

【大阪・池田市】12/20 かぞくでいっしょに大そうじ



子どもたちが小さい頃、毎週のように図書館で絵本を借りていました。
その頃の私は、部屋をきちんと整えたくて躍起になって片づけをしていたので、
子どもたちが読み散らかした絵本も本棚に整然と収めなければ気が済みませんでした。

そのうち、あることに気付きました。

わが子たち、床に散らばった絵本は何度でも眺めるのに、本棚に収めた本は二度と開けようとしないのです。

あれ?
私、なんのために、絵本を置いているんだっけ?
なんのために、必死で片づけているんだっけ?

そんなギモンがむくむくと頭をもたげてきました。

子どもたちにたっぷりと絵本に親しんでほしい、というのが私の最優先事項だったはず。
それなら、絵本は床に置いておくことにしよう。
いちいち本棚に整然と並べなくていい。
床に散らばっているのを、ちょっと寄せておくだけで良し、としよう。
そう考えれば、出しっぱなしで片づけない子どもにイライラもしない。

私自身の気持ちがぐんと楽になり、子どもたちは絵本が一層好きになりました。


それから月日は流れ・・・

現在、娘は高校生、息子は中学生となり、さすがに絵本は卒業しました。
今は、「この本読んでみたら?」とか「これ、面白いよ」と言っても「ふーん」と言ったきり、手にも取ってくれません。

そんな時は・・・


トイレに置くことにしています(笑)

トイレに座っている何分かの間に暇つぶしにパラリとページをめくると、つい内容に引き込まれるらしく、結局全部読んじゃった、とよく言っています(笑)。

読書は心を豊かにするタネ。
以前は床にばらまいておいたタネ、今はトイレのカウンターの端っこにそっと立てかけている私です☆

昨日は咲麗先生の「できる女子のブログ講座」に参加してきました。
一足先に受講した友人が、すっごく良かったから、と近所のカフェで受けられるようお膳立てしてくれたのです!ホント、感謝しています☆
美味しいランチをいただいて、すっかり和んでから講座スタート。





咲麗先生の講座は弾丸トーク!読まれるブログのためのヒントをこれでもか、とお話しされます。
盛りだくさんのお話を聞いていて、ふと我が娘(高1)とのやり取りを思い出しました。

娘は毎日、学校でのことや友人のことをあれこれと話してくれます。
私、いつもひたすら聞いているんですけどね。先日、「ママって、私の話を全然聞いてくれない!」と半ばキレ気味に言われたのです。
これには参りました。

ええーーーーっ!毎日、こんなに一所懸命耳を傾けているのに!

そう言いたくなるのを抑えて、ちょっと考えてみました。

ああ、そうか。私、娘が欲しい言葉を返していないのだな、と。

娘はただ話を聞いてもらうだけでなく、私からかけて欲しい言葉がきっとあるのでしょう。
そこに応えられていないから、いくら耳を傾けても、娘には話を聞いてもらった満足感がない!

ブログも同じことなんですよね。
私が何かを伝えようと思ってあれこれ言葉を紡いでも、読む人が受け取りたいメッセージでなかったら伝わっていかない。

親子関係もブログもコミュニケーション。まずは相手を想うことが大切ですね☆

先日行われた、家事セラピスト総会についての第二弾です。

前回の記事はコチラ。

午後のプログラムは、盛りだくさんで、とても充実したものでした☆
家事セラピストによる活動報告や、新しく誕生した家事セラピストの認定式に続いて、「ワールドカフェ」というワークショップが行われました。

皆さん、ワールドカフェってご存知ですか?





私は、今回初めて知りました。「アイデアは機能的な会議室ではなく、オープンでリラックスしたカフェのような場所でこそ生まれる」という考えから生み出された手法なのですが、一つのテーマについて大人数の参加者が話し合う時にとても有効なツールだと思いましたので、簡単にご紹介したいと思います。

用意するのは模造紙とペンだけ☆

ちなみに、この日のテーマは

「地域のなかで家事セラピストとして活動していくためには?」


数人ずつのグループに分かれて座り、話し合った内容を模造紙にみんなでメモしていきます。

大勢の参加者が同時には無理なので、グループに分かれて話し合いをする、と言うのはよくあることですが、この時、あっちのグループはどんな話題で盛り上がっているんだろう?あっちの話にも入りたいな〜と言う気持ちになったりしますよね?

ワールドカフェでは、制限時間内を自分のグループで話し合ったら、次は別のグループで話し合うために、各自、好きなテーブルへ移動します!

ただし、グループに一人ファシリテーター(司会のような役目をする人です)を決め、その人だけは、ずっと同じテーブルにとどまります。そして、新しく来たメンバーに、それまでのメンバーから出た意見などを簡単に説明し、その上で話し合いを始めます。そして、新しいメンバーから出てきたアイデアも、どんどん同じ模造紙に書き足していきます。こんな風にメンバーはいくつかのテーブルを渡り歩き、新しいメンバーと話し合い、アイデアを追加したり、膨らませたりしていくのです。

最後に、メンバーはもと居たテーブルに戻り、みんなのアイデアが満載の模造紙を前にしながら、ファシリテーターと一緒に情報を整理し、新しい模造紙にまとめて発表する、という具合。

グループごとに話し合って発表するだけだと〇がいくつか並んでいる感じですが、ワールドカフェ形式だとたくさんの〇が幾重にも重なっているうえに、ひとつひとつの〇も大きいものになるイメージです。とても面白くて新鮮な体験でした☆

そして・・・参加者からたくさん出た「地域のなかで家事セラピストとして活動していく」ためのアイデア。私も出来ることから一つずつトライしていきたいと思います。


Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM