シルバーウィーク、大阪では快晴が続いています。
連休中も部活で毎日学校に行く高1娘。昨日は唯一のオフだったのですが、「ばあばに会いたい!」と言うので、私の実家に二人で行って来ました。実家に行くと、いつもはみんなで食べて飲んでと家でゆっくりすることが多いのですが、今回は母と娘に付き合ってもらって、近くの大山崎山荘美術館へ行くことに。




ここは、大正から昭和の初期にかけて関西の実業家が建築した別荘を復元した美術館で、所蔵作品も魅力的なのですが、何と言っても山荘の建物自体が一見の価値ある素敵な場所なのです。残念ながら、建物の内部は撮影禁止なのですが、太くて立派な柱や梁、採光の影響を考慮した窓ガラスなど、うっとりさせられます。初めて訪れた娘もとても感激していました。

私のお目当ては、こちら。大好きなルーシー・リーの展覧会が始まったばかりでした。



いつ観ても、美しいかたちと質感。凛とした佇まいなのに、芸術然としていない。思わず手に取りたくなる、そんな親しみやすい雰囲気を放っています。私は娘と美術館に行くと必ず「どれか一つあげると言われたら、どれにする?」と問いかけてしまうのですが、この日、母が全く同じ質問を私にしてきたので思わず笑ってしまいました。血は争えません。

2階の喫茶室でコーヒータイム。展覧会にちなんだケーキをいただきました。「ルーシー・リーの贈り物」と名付けられたこのチョコレートケーキ、彼女が客人をもてなすために焼いていたというオリジナルレシピだとか。




喫茶室から続くテラスからは木津川、宇治川、桂川が合流する、素晴らしい景観が広がっています。



美しい庭園を散策した後、山道を下り、JR山崎駅前にある離宮八幡宮にも立ち寄りました。ここは、エゴマ油発祥の地だそうです。昔は油の製造と販売で栄えていたのだそう。



女三世代の楽しい一日となりました。ところで、娘に「どうして急にばあばの家に行きたくなったの?」と聞いてみたら、実は毎日学校で人間関係にかなり気を遣っているそうで、「現実を忘れられる、ほっとできる場所に行きたかった」のだそう。それが「ばあばの家」だったんだねえ。突然の孫の来訪に、母もとても嬉しかったようです。


昨日は久しぶりに旧友たちとワイン。ただし、立ち飲みです(笑)。

グラスワインとおまかせ前菜3種類でなんと500円!立ち飲みバンザイ☆



フルタイムで働く友人たちと平日の夜に会って優雅に会食というのは、なかなかハードルが高いです。子どもたちが小さい頃は、実家に預けられる夏休みや、夫に見てもらえる週末に会ったりもしていましたが、子どもたちも大きくなった今、新しいフェーズに入ってきたようです。

我が家の中2、高1の子どもたちは、毎日部活で7時すぎにしか帰宅しません。そこで、夕飯だけ準備したら、梅田へGO! 夕方5時からオープンしている立ち飲み屋さんで会社帰りの彼女たちを待ち受け、ワインとおつまみで2時間ほど弾丸トークしたら、さっと解散。帰宅したら、用意した夕食を食べ始めていた子どもたちと、何事もなかったように(笑)、同じ食卓に着き、母親の顔に戻ります。

限られた時間に話した内容は多岐に渡りますが、一番ありがたかったのが、私自身が見つけ損ねている我が子たちの長所を、友人たちが見つけてほめてくれること。巷では「子どもをほめて育てましょう」なんて言葉をよく見かけますが、私自身は自分の子どもを面と向かってほめるということが苦手です。でも、彼女たちは「息子君は小さい頃からここが凄かった」とか「娘ちゃんのその発言は素晴らしいね」などと、どんどんほめてくれるのです☆帰宅して、その言葉をそのまま食卓にいる子どもたちに伝えることで、私の苦手な「ほめること」が簡単に出来てしまう、と言うわけです!しかも、私が心から信頼している友人たちの言葉ですから、子どもたちの胸にも響き方が違うでしょう。

そんな友人たちとの立ち飲みワイン、今後は定例化するつもりです♪

ヴァーニャカウダも美味しかった☆


少し前から、汚れ落ちがイマイチな気がしていた我が家の食器洗い機。どうも、洗浄ノズルがちゃんと回転していないようで、汚れ落ちが悪いだけでなく、投入した洗剤が洗浄終了後も大量に溶け残っている状態に。

すぐに修理に来てもらう、というのも考えましたが、もし取り替えということになったら、結構な出費だし、新しいものをじっくり選ぶ猶予も欲しい。
そんなわけで、何となく手洗いの日々が続いています。

で、これが意外と気持ちいい。
食器洗い機は高温洗浄という一点が気に入っていましたが、その他の面では手洗いの方が時間も早いし、音もうるさくない。仕上がりもコップなど、特にピカピカして気持ちがいい。今は、食器洗い機は水切りかごとして、使用(笑)。洗いあがった器を収めたら、最後に乾燥だけかけています。

そんなわけで、ゴム手袋が欠かせない毎日です。愛用しているゴム手袋はコレ。プリティーネ 樹から生まれた手袋 。鮮やかなグリーンが気に入っています☆

" 。


なんだかバタバタとした毎日を過ごしていて、久々の更新となりました。慌ただしい日常を忘れ、潤いのある時間を持ちたい!と思い立ち、友人を誘って、阿倍野にあるギャラリー「舎林」へ。

「赤木智子の生活道具店」という展示会を観に伺いました。




赤木智子さんは、輪島で塗師として素敵な漆の作品を作っていらっしゃる赤木明登さんの奥様です。明登さんの漆のお椀はもちろんのこと、たわしや箒、衣類まで、ご夫婦の日々の生活のなかで使ってらっしゃる様々なモノたちが並んでいました。

私が購入したのは、この秋買った靴に合わせたいANTIPASTのソックスと、ずっと気になっていたmon sakataのアームカバー(というのかな?)を母へのプレゼント用に。

面白かったのは、後から来たお客さんが私たちに話しかけてきたこと。「これって何に使うもの?」と私が購入したアームカバーについて質問されたのです。最初、あれ?私たちのこと、お店の人と勘違いされているのかしら?とも思いましたが、そういうわけでもなく、普通に会話は続きます。そのうち、「これってアームカバーだけじゃなく、レッグウォーマーとしても使えそうよね。」「どの柄が良いかしら?」などなど、初対面とは思えないほど打ち解けて(笑)。私が母へのプレゼントとして購入する、と言うと、「お母様はおいくつ?あら、私と同年代ね。だったら、あなたが選んだその柄で絶対に良いと思うわよ」などとアドバイスまでいただきました。
その後も「この手ぬぐいの柄、良いですよね〜」「私なら、こういう風に使うかな」なんて話していたら、ギャラリーの方も思わず「え、どんな使い方ですか?私も知りたいです」なんて、話に入って来られて、和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。



気の置けない友人と美味しいお昼も食べて、時間が許す限りひたすらおしゃべりして。久しぶりにリフレッシュ出来ました。よし、明日からも頑張るぞ〜。

夏休みに入る直前に息子の中学で恒例の三者懇談がありました。
以前からずっと思っていたのですが、これって意味あるの?
当の本人がいるところでは、先生も親もぶっちゃけ話は出来ないし、二者懇談(先生と親のみ)の方がよっぽど内容的に深い話が出来るのでは?というのが本音です。当たり障りのない会話を終えて教室を後にするとき、毎回なんだかな〜という気持ちでいっぱいでした。

でも、折角行くのだから・・・と、今回考え直すことにしました。

本人が横で聞いていることを逆手にとって、「先生に話しているフリをして、実は本人に言いたいことを伝える」という作戦に出ることにしたのです☆

例えば、
我が家の息子、普段全く勉強しようとする様子がないのですが、「勉強しなさい」と親が言う時期はもう過ぎたと思い、自主的にやるのをまだかまだかと待っている状態です。

でも、本人は「怒られないし、ま、いいか」くらいの気持ちなのか、一向にやる気配がありません。そこで、三者懇談の時に「もう中2なので、親に言われて勉強するというのはおかしいと思うんです。なので、本人が自分からやるのを待っているんです。」と、さも先生に言っているかのように言う。

最近さぼり気味なのでは?と思っている家のお手伝いについても、先生に向かって「息子は家のことをいろいろお手伝いしてくれるんです。小学校の頃からずっとゴミ出しはしていますし、部活で着ているものも全部自分で洗っています」と言うと、先生も「それは素晴らしいですね。満点ですね。」とか言ってくださる。

そういうのをじーーーっと横で聞かされる息子。
これ、直接「勉強しなさい」とか「お手伝いしなさい」なんて言うより、絶対耳に残るはず(笑)。

で、効果てきめんでした。

夏休みに入って私は毎日のように予定があり、終日外出していますが、息子は山のようにモノが散乱していた机の上をきれいに整理整頓し、掃除機をかけ、夏休みの宿題をいつどのくらいやるかの予定表を自分で作成。塾の夏期講習にも行っています。ゴミも集めて出してくれていたし、お風呂も毎日掃除してくれています。

私は「ありがとう」とか「すごいね」と言うだけでいい。ストレス皆無。あなたがちゃんとやってくれるのを待っているよ。期待しているよ。と嫌味じゃない方法で伝えるだけでいいのですね。

三者懇談の活用法がようやく分かりました☆



小学生の頃の息子。料理の面白さに目覚めた頃。


Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM