梅田の伊勢丹撤退跡にオープンしたばかりのルクア1100(イイレと読むらしい)に、娘と行って来ました。私は人混みとか行列に並ぶ、とかが苦手なので、オープンしたばかりの商業施設なんて普段なら絶対に寄り付かないのですが、今回は娘のたっての希望で。

お目当てはコチラ。キキとララの専門店。





私の子どもの頃にも流行った懐かしいキャラクターが、今また人気急上昇中らしいのです。ショップ内は子どもよりも大人のお客さんが多くてビックリ。懐かしいキャラクターだからか、今見ると逆に新鮮だからか、飛ぶように売れていました。

娘の付き添いで行ったつもりが、いざ足を踏み入れると素敵なお店がいっぱいで、目移りしてしまいます。そんななか、気になるネックレスを発見☆これは出会いだと思って、迷わず購入することに(笑)。

京都にお店を構えている作家さんのもので、手作りっぽい感じがなんとも良くて。同じデザインでベージュ系にするか紺系にするか悩んでいたら、横で商品を眺めていた女性(見知らぬお客さんです)が「私もそのベージュを持っているけど、これからの季節、何にでも合って重宝するわよ」とアドバイスしてくれて、では、と従うことに。この女性、ここの商品の大ファンでいくつも持っているのだとか。お揃いでこんなブレスレットもあるわよ、とか、シンプルな洋服の時でもここのアクセサリーをつけると、着こなしが華やかになるのよ、とか、本当にお好きなんでしょうね。いろいろお話し聞かせていただきました☆

お勘定を済ませたら、お店の人がプレゼントしてくれたのが、こんなに可愛いバッグのチャーム。ノベルティとして100個用意していたものの、これが最後の1個です、とのこと。不思議なもので、そう言われると一層嬉しくなりました。



スターバックスでちょっと休憩。何気なく見たら、娘のカップの底にニコちゃんマークが。粋な計らいですねえ。




MUSEUM OF KYOTOで見つけた「マールブランシュ」のお濃茶フォンダンショコラ。壁画家がデザインした特別パッケージだそうで、これもつい買っちゃいました。とっても美味しくて、抹茶好きの娘も悶絶☆4月15日までの期間限定販売だそうです。





人混みは苦手ですが、素敵なものや美しいものを眺めるショップクルーズはやはり楽しいもんですねえ。次はエッグヴェネディクトを食べたいねえ、なんて娘と言いながらサラベスのお店前に出来ている行列を横目に帰宅しました。

子どもたちが小学生の頃からお世話になっているお習字の先生が、大人向けの教室も始められると聞いて、私も通わせていただくようになり早4年。墨汁の匂いや半紙の感触、筆で書く楽しさ、そして何よりも的確に指導してくださる先生のおかげで、飽きっぽい私でも、ここまで続けて来ることができました。

毛筆とペン字の両方をお稽古していますが、最近、ペン習字の良さを再認識しています。

気になることが色々あって気持ちがなんだかざらついているなあ、とか、思春期真っ盛りの息子の言動にイラッとした時など、小さな帳面に向かって無心でペンを運ぶことで、不思議と気持ちが落ち着き、リフレッシュできるのです。書く時間も枚数もほんのわずか。それなのに、抜群の気分転換になります☆


実は私、今までは毛筆は大好きなのだけど、ペン字が苦手で・・・そのうちお稽古をさぼるようにしょんぼり
教室で他の生徒さんが課題を出しているのを横目に、自分はずっと出していなかったのです(汗)。

でも、慌ただしい日常のなかで毛筆のお稽古道具を出して書こうと思うと、時間の余裕だけでなく、スペースの確保もしなくてはいけません。私はダイニングテーブルいっぱいを使って書いているのですが、夕飯の片づけを済ませ、「よし、今日は書くぞ!」と準備をして2、3枚書いたところで、家人が帰ってきて・・・準備したものをバタバタと片づけ、夕飯を出す、なんてこともしばしば。

その点、ペン字のお稽古は教本と小さな帳面とペンだけ。ダイニングテーブルの一角で出来ますし、ほんの少しの空き時間で始めることもできれば、片付けも一瞬。毛筆のように、書いた半紙を広げて乾かす必要もありません。この手軽さの魅力にどっぷりはまっている今日この頃です☆




日ごとに春めいてきましたね☆
我が家の中3娘も昨日、高校入試がやっと終わり、遊びの予定を入れるのに忙しそうです(合格発表はまだなのに ^-^;)
進学、就職など、春は人生の節目を迎える方も多いですよね。
新しい季節を前に、今の時間の使い方を見直してみるのはいかがでしょう。

毎日忙しくて時間が足りない!逆に、時間はあるはずなのに、
やりたいことの半分も出来ていない気がする・・・。

時間との付き合い方が分からず、暮らしが上手く回っていないと感じていませんか?そんな方に向けて、時間と上手に付き合うための講座を開催いたします。

・時間は貯金できる?!
・すきま時間をこう使う
・こま切れ時間をゆとり時間に

などなど、そのほかにもスッキリ暮らすための「時間の技術」が満載です。

誰にとっても一日は同じ24時間。上手に付き合って、スッキリとした
自分らしい暮らし方をみつけませんか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〜スッキリ暮らす「時間の技術」講座〜

■開催日時
 2015年4月11日(土) 10:30〜12:30
■開催場所
 富士工業グループ大阪ショールーム
 大阪市中央区南船場2-1-3 フェニックス南船場1F
■講師
 家事塾認定 1級家事セラピスト 宮田 美穂
■受講料
 1,000円(税込) 
 ※当日、受付でお支払いください
■定員
 10名 (要事前予約)
■持ち物
 筆記用具(鉛筆類、消しゴム、赤・青・緑のペンか色鉛筆)
■お申込
 富士工業グループ大阪ショールーム TEL:06-6265-2151
 家事塾・大阪Facebookイベントページ
 


明日はお雛祭りですね☆




我が家のお飾りは狭いマンションに合わせて三段飾り。今は夫婦雛だけのコンパクトなものもバリエーション豊富ですが、私自身が実家の七段飾りが大好きだった記憶が鮮明にあり、たとえ数は減っても段飾りにこだわって、娘の初節句の時に用意したのでした。

子どもが小さいうちは毎年ゆったりと飾っていましたが、成長につれ、モノが増え、それぞれが個室を欲しいと言い出したり、で、いよいよ飾るスペースの工面が難しくなってきました。
こんな時、もう少し家が広ければなあ、、、と思いがちですが、家族のモノが膨らむのもあと何年か。子どもが独立すれば、またゆったりと飾る時期も来るのだろう、と考え直すことにしています。

そして、今年は苦肉の策でダイニングのチェストの上にお内裏様とお雛様だけを出すことにしました。三人官女さんたち、ごめんなさいっアセアセ

でも、飾ってみて分かったのですが、和室など別の部屋に飾っていた時と違い、家族の揃うダイニングテーブルからすぐ目に入るので、これはこれで、なかなか良いものです。(私ったら、なんてポジティブシンキング、笑)

で、このお雛飾りを一番楽しんでいるのが、なんと中1息子。飾りつけの時も娘は全然他人事(受験真っ最中なのもあり、自分のことで頭がいっぱい)なのにも拘らず、息子はホイホイやって来て、手伝ってくれる。飾ってからも、毎日のように間近で眺めているのは息子。夕暮れ時には忘れずに雪洞の灯も点けて。面白いもんだなあ、と見ています。

私、「道の駅」が大好きなんです。旅行で各地にドライブした時に立ち寄るのはもちろんのこと、わざわざ「道の駅」に行くことだけを目的に出かけることもよくあります。お目当ては地元農産物の直売所☆新鮮な野菜をどっさり買い込むのが至福の時です。

先日、夫がゴルフ帰りに立ち寄った「道の駅いながわ」が、結構良かったと聞き、今日、朝から行って来ました。兵庫県の猪名川町にあり、我が家からは車で1時間ほど。夫の言う通り、充実の直売所です☆





ジャーーン。これが、今日の戦利品。買い物袋から全部出したら、ダイニングテーブルの上がいっぱいに(笑)。



白菜、キャベツ、ジャガイモ、わけぎ、葉玉ねぎ、壬生菜、プチヴェール、ルッコラ、芽キャベツ、菜の花、蕪、蕪の中抜き、サニーレタス、ベビーリーフミックス、ほうれん草、青梗菜、トマト、原木椎茸、ポンカン、みかん、りんご、キウイ、米粉と天然酵母のパン。いやあ、思う存分に買い物しました。

帰宅後は野菜を洗ったり、刻んだり、茹でたり、と下ごしらえを済ませて冷蔵庫へ。これから、毎日の食卓にふんだんに野菜を載せられると思うと楽しみです。

今夜も早速野菜メニュー。我が家のパスタ担当である夫による「芽キャベツとしらすのパスタ」。




サニーレタス、水菜、ルッコラ、ベビーリーフミックスのミモザサラダ。




「道の駅いながわ」のもう一つのお楽しみは、「お蕎麦」☆
猪名川町では「そば」も作っているそうで、ここでは挽き立て&打ち立ての十割そばが食べられるのです♪
お蕎麦に目が無い私。野菜をたっぷり買い込んだ後にいただいた「山菜とろろ蕎麦」は、とっても美味でした☆
予約制で蕎麦打ち体験もできるそうなので、次回は是非チャレンジしてみたいです。