夏休みに入る直前に息子の中学で恒例の三者懇談がありました。
以前からずっと思っていたのですが、これって意味あるの?
当の本人がいるところでは、先生も親もぶっちゃけ話は出来ないし、二者懇談(先生と親のみ)の方がよっぽど内容的に深い話が出来るのでは?というのが本音です。当たり障りのない会話を終えて教室を後にするとき、毎回なんだかな〜という気持ちでいっぱいでした。

でも、折角行くのだから・・・と、今回考え直すことにしました。

本人が横で聞いていることを逆手にとって、「先生に話しているフリをして、実は本人に言いたいことを伝える」という作戦に出ることにしたのです☆

例えば、
我が家の息子、普段全く勉強しようとする様子がないのですが、「勉強しなさい」と親が言う時期はもう過ぎたと思い、自主的にやるのをまだかまだかと待っている状態です。

でも、本人は「怒られないし、ま、いいか」くらいの気持ちなのか、一向にやる気配がありません。そこで、三者懇談の時に「もう中2なので、親に言われて勉強するというのはおかしいと思うんです。なので、本人が自分からやるのを待っているんです。」と、さも先生に言っているかのように言う。

最近さぼり気味なのでは?と思っている家のお手伝いについても、先生に向かって「息子は家のことをいろいろお手伝いしてくれるんです。小学校の頃からずっとゴミ出しはしていますし、部活で着ているものも全部自分で洗っています」と言うと、先生も「それは素晴らしいですね。満点ですね。」とか言ってくださる。

そういうのをじーーーっと横で聞かされる息子。
これ、直接「勉強しなさい」とか「お手伝いしなさい」なんて言うより、絶対耳に残るはず(笑)。

で、効果てきめんでした。

夏休みに入って私は毎日のように予定があり、終日外出していますが、息子は山のようにモノが散乱していた机の上をきれいに整理整頓し、掃除機をかけ、夏休みの宿題をいつどのくらいやるかの予定表を自分で作成。塾の夏期講習にも行っています。ゴミも集めて出してくれていたし、お風呂も毎日掃除してくれています。

私は「ありがとう」とか「すごいね」と言うだけでいい。ストレス皆無。あなたがちゃんとやってくれるのを待っているよ。期待しているよ。と嫌味じゃない方法で伝えるだけでいいのですね。

三者懇談の活用法がようやく分かりました☆



小学生の頃の息子。料理の面白さに目覚めた頃。



いよいよ夏休みが始まりましたね。
毎年夏休みに開催している家事塾の「親子のためのお手伝い塾」、箕面市でも昨年から開催し、ご好評いただきました。(昨年の様子はコチラ

今年は広いスペースにて開催します。是非、親子で楽しく家事をする秘訣を見つけにいらしてください。



〜親子のためのお手伝い塾@箕面〜

日 時◆7月29日(水)14:00〜16:00

場 所◆箕面文化交流センター 2階和室
      (箕面市箕面6−3−1)

対 象◆幼稚園〜小学3年生の親子

定 員◆親子10組(お子さんだけでの参加は出来ません)

参加費◆大人1000円 子ども500円

持ち物◆薄手のタオル(雑巾用)、筆記用具

講 師◆(社)家事塾認定1級家事セラピスト 宮田美穂

お申込み◆下記あてメールにてお申込みください。

miyatamiho★kajitherapist.com (入力の際には★を@に変えてください。)

※件名に「箕面お手伝い塾」とお書きのうえ、「お名前」「お子さんのお名前と学年」「電話番号」を添えてお申込みください。





今月もメリーガーデンにてママおしゃべり会を開催させていただきました。

ご参加下さったのは、幼稚園や小学校のお子さんを持つママたち。
夕方からのバタバタする時間の忙しさと対象的に、昼間や時間の余裕がある時はついついのんびりしすぎてしまう・・・とのこと。

その余裕のある時間にもっと効率よく家事をこなしておけば、夕飯の時間や子どもたちを寝かせる時間がズルズルと遅くなってしまうこともないだろうに・・・と頭では分かっているのだけど、出来ない、というのが共通のお悩みでした。

いわゆる「うさぎとかめ」のうさぎさん状態ですね。

時間がたっぷりある、と思ってしまうと、ついつい気が大きくなって無駄遣いをしてしまう、というのは誰にでもありがち。でも、時間は目に見えない、というところがクセモノ!

だから、自分が何をするために、どのくらいの時間を使うのか意識する必要があります。
その一つとして、有効なのは「終了時間を決める」です。

例えば、家事。家事はやろうと思えばいくらでもやることがあって、キリがないですよね。何となくやっていると、ついつい時間が経っていたりするもの。そこで、あえて終わる時間を決めてしまう。その時間が来たら、途中であっても切り上げる、くらいの気持ちで取り組むと意外と効率よくなるものです。

撮り溜めたドラマを観よう、とか、ネットをする時なんかも、終了時間を決めておくだけで、やましい気持ちを持たずにその時間に集中して楽しめるのではないかと思います。

このほかにも、子どもたちをお手伝いに誘う言葉がけについてや、究極の時間節約法など、今回も1時間のあいだに、たっぷりお話しさせていただきました☆

最後に、それぞれのご感想を伺った時のこと、前回から続けて参加してくださっていた方から、こんなお言葉をいただきました。

「片づけで教えていただいたことを早速家で実践したら、すごく上手く行ったんです!それが嬉しくて、ご報告したくて今日も参加しました!」

飛び上がりたくなるくらいうれしかったです☆
今回も、何か一つでも、みなさんのヒントになり、お家でやってみよう!と思っていただければ幸いです☆




先月「ママおしゃべり会」でホスト役を担当させていただいたメリーガーデンさんで、今月もおしゃべり会をさせていただきます。

(※前回の様子はコチラ

今回のテーマは「時間」
子育て期のママは何と言っても忙しい!どうしたら、もっと効率よく家事をこなせるようになるのか・・・子どもたちとの時間も大切だけど、自分磨きの時間も欲しい!と悩んでいるママは多いと思います。

・家事と育児に忙しくて、自分の時間が無い!
・やろうと思っていたことが出来ずに一日が終わってしまう。。。
・毎日が何となく流れていくけど、これでいいの?

時間のことで悩んでいるママ、家事セラピストや他のママとおしゃべりしてみませんか?

いろんなヒントが見えてくるかもしれません。
少人数制なので、たっぷりおはなし出来ますよ☆

詳細、お申込みはコチラから↓↓↓↓↓

メリーガーデン Facebookイベントページ

昨日は友人と原田知世ちゃんのライブへ☆
もうすっかり大人の女性ですが、やっぱり、「知世ちゃん」と呼びたくなります。
幾つになっても変わらない、あの透明感!実物はテレビなどで見るよりもいっそう華奢で、顔なんて、とっても小さくて、お人形のようでした。ああ、もう可愛かった〜☆

場所は久しぶりに来た、ビルボードライブ大阪。前に来たのは、まだブルーノート大阪の頃だったかも。お酒を片手に友人とライブを楽しめるようになるなんて!ああ、子育てもひと段落したのだなあ、とあらためて実感。

フロア席を占めるのが結構年配の男性陣だったことにビックリ☆もっと、女性客が多いものかと思ってました。きっと、皆さん「時をかける少女」の頃からのファンなのだろうなあ・・・。




ライブが始まるまでの短い時間、白ワインとタパスをつまみながら、友人とのおしゃべりもまた楽し。今回、すでにSOLD OUTだったのを、友人が根気強く電話してくれたおかげで、前日にキャンセルが出たのです!感謝☆





曲目は、今年発売されたカヴァーアルバム「恋愛小説」の曲を中心に。
独特のウィスパーヴォイス。声を切る時の感じが何とも言えない唄い方。
バックの6名のバンドメンバーがとっても良くて、ジャジーな曲では本当に雰囲気に浸れました。






昨年のアルバム「noon moon」からも何曲か。やはり、オリジナル曲であり、歌詞が日本語なので、より感情がこもっていて良かったです☆





そして、アンコール最後の曲は、伊藤ゴローさんのギターで「時をかける少女」のアコースティックバージョン。
名曲ですね☆