一昨年の夏に出版された家事塾主宰・辰巳渚の著書「人生十二相」。昨日久しぶりに読み返してみました。

これは、人生を長い一本の道として捉えるのではなく、人は12の小さな人生を生きつないでいく、という見方をした本です。その時々(本の中では「相」または「フェーズ」という言葉が使われています)で必要なもの、捨てるべきものは違うし、そのおおまかな見取り図を持つことで、人生はもっと軽やかに生きていけるのでは、と言うとてもユニークな提案です。


私自身は先月46歳になったところで、この本で言うと、第7フェーズの「第一の繁忙期」というところにいます。日々忙しく、でもある程度、自分なりのリズムを持ってまわしていけている。それが有難くもあり、ルーティンからくる倦怠感と背中合わせでもあり、のある種贅沢な悩みをもつフェーズです。

そんな私ですから、第10フェーズ「第二の自主期」(親しい人の死を重ね、ひとりになる)のことにはまだまだ考えが及ばないのですが、私の両親は徐々にこのフェーズに移ろうとしている年代です。


そんな母から今朝電話がありました。「お父さんにね、お父さんの5歳くらい年上のお友達から手紙が届いたのよ。」その方、最近体調が悪くて、自分はいつ死んでもおかしくない、と思っていらっしゃるそうです。それで、うちの父に最後のお願いを聞いてほしい、と手紙を書かれたのでした。それは、もし自分が死んだら火葬のとき、家族だけでなく、友人である父にもお骨を拾ってほしい、という内容でした。


ご友人はさらにこんな風にも書かれていました。これは、自分の希望だけれど、自分が死んだ後のことは、やはり家族の意向を第一に考えるべきなので、もし、実際にその時が来て、家族があなたには骨を拾ってほしくない、と言ったら、その時は申し訳ないけれど、この手紙のことは忘れて欲しい、と。


自分自身のこれまでの人生と真摯に向き合い、冷静に行動される立派な方なのだなあ、ととても感銘を受けました。それとともに、父がこの手紙を読んだ時の気持ちを考えると、涙がとまらなくなってしまいました。


皆さん、網戸のお掃除ってどうされていますか? 私は長年、取替式のほこり取りハンディワイパーでやっていたのですが、何となく頼りなくて・・・。でも、雑巾などで拭くのは網を傷めてしまいそうで怖いし・・・と思っていました。そんな時に出会ったのがブラシの平野製「あみ戸ブラシ」。 この細長い独特の形状が使いやすそうだし、豚毛のブラシ部分を触ってみると、コシがあってなかなか良さそう!と購入決定☆

網戸は横に強く出来ているので、ブラシをかける時は上から下ではなく、左右にかけるといいよ、とお店の人に言われた通りにやってみると・・・細かなほこりが掃われて、空気中に流れていくのが目ではっきりと確認出来て、実に気持ち良い!柄の部分も握りやすく疲れにくいので、楽しくて毎日のようにブラッシングしています(笑)。 道具一つでお掃除は苦にもなるし、ラクにもなるから不思議ですね。使い勝手の良い暮らしの道具に出会えた時は本当にうれしくなります。

「ブラシの平野」さんは創業70年以上の東京足立区にあるブラシ専門店だそうです。職人さんによる天然毛の手植えブラシが各業界のプロに好評だとか。全国のデパートの展示会にて一般のお客さんも購入できるようです。私が購入した時もたくさんの方が買って行かれてました。

家事塾の新しい企画の打ち合わせに行って来ました。先方との待ち合わせ時間が12時45分だったので、もう一人の家事セラピストと早めに行ってランチをしよう、ということに。駅前の商店街をぶらぶらしていて、可愛い外観に惹かれて入ってみたお店「ビストロかたおか」さん☆

スープ、メイン、パン、コーヒーのランチメニューをいただきました。メインはお肉とお魚から選べるのですが、私たちが選んだお魚のメインはなんと、「海老のロールキャベツ」。ふわっふわのすり身をキャベツで包み込み、下にはラタトゥイユとサフランライスが敷かれたお料理。バターの風味が効いたソースがたっぷりかかっています。一緒に食べると三位一体の何とも言えぬ美味しさ。感動でした☆




打ち合わせでは、今年新たな企画が生まれそうな素敵な場所をご紹介いただきました。家事塾では「私」自身がより良く生きるための講座も開催していますが、「家族」が一緒に楽しく生活できる講座を多数取り揃えています。こちらのオーナーの方の想いはそんな家事塾の方向性ととても共通するところが多く、今後一緒に展開させていただきたいアイディアが次々に浮かんでくる、楽しい打ち合わせとなりました。ご縁に感謝☆です。


年末年始は実家に帰省して、御馳走を囲んだと言う方も多いのでは?
そんな時、ふと親の家に気になるところを見つけたという方はいらっしゃいませんか?

例えば・・・
・モノがやたらと多い(収納スペース以外に床や階段など生活スペースを侵食している)
・使っていないものが沢山ある(古い暖房器具や電化製品、箱に入ったままの食器やタオル類)
・以前はそうでもなかったのに、なんとなく片づいていない印象を受けた
・・・などなど。

親にはいつまでも元気でいて欲しい反面、年齢相応の変化もあるわけで、
子としては気になるところですよね。
でも、へたに年寄り扱いして煙たがられたり、良かれと思って片づけてあげたら、
却って疎まれたり、というトラブルも聞こえてきます。
親子だからこそ、難しい部分も多いようです。

でもでもでも、気になる、親の家の片づけ。
どうしたら、双方が気持ちよく、納得いく形で片づけられるのか・・・。
そんなギモンに答える講座を開催します☆
他の人の体験談や家事セラピストの話の中から、意外なヒントが見つかるかもしれません。
今年こそは・・・と思っていらっしゃる方、是非、ご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 親を怒らせずに片づけるには、どうしたら?

【親の家の片づけ講座】

日時1月22日(木)10:00〜12:00
場所トクラス 箕面ショールーム
    〒562-0004 大阪府箕面市牧落1-19-11          
講師:家事塾認定1級家事セラピスト 宮田 美穂
受講料:無料 
定員:8名

持ち物:筆記用具
お申込:螢ールピース。 担当:神庭(かんば)
     e-mailkanba@all-p.com   Tel;0120-147-372 


 


Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM