昨日は「関西文化の日」でした。
関西一円の美術館・博物館などが入場無料になったり、さまざまなイベントが催されます。
万博記念公園も入場無料。紅葉が見ごろを迎えていました☆



私はふだんからよく美術展などを観に行く方ですが、折角の無料なので、昨日も行って来ました。特に好きな「大阪日本民芸館」へ。



「秋季特別展 河井寛次郎」が開催中でした。

河井寛次郎は大正末期に柳宗悦、濱田庄司らとともに「民藝」という言葉を創り、広めた陶芸家。京都にその記念館もあり、ご存知の方も多いと思います。

我が家の器たちは、旅先などで出会って自然と集まったものがほとんどですが、この「民藝」と言われるくくりに属するものが多いのです。

元々、名もない職人さんによって作られた日常の生活道具を「民藝」と呼んだのですから、色も形も素朴ですが、そこにはいわゆる「用の美」というものが共通してあって、日々使っていて飽きない魅力があります。

民芸館に展示されている作品も、芸術然とした気取ったものではなく、
「この器に、お芋の煮っころがしを盛りつけたいな〜」などと思わず言いたくなります。

陶芸作品と一緒に寛次郎氏が遺した言葉がところどころに飾られていたのですが、
そのなかに、こんな言葉がありました。

物買ってくる、
自分買ってくる


「モノとは何か?」・・・これ、考えれば考えるほど哲学的な問いなのですが・・・
自分の家にある「モノ」に限定して言うと、「モノ」というのは自分が選択したからこそ、そこにあるのだと言えます。
誰かが勝手に置いていくわけはなく、他ならぬ「わたし」が持ち込んだり、買ってきたり、要らないのに捨てずにいたり(笑)するから、そこにあるのですよね。

物買ってくる、自分買ってくる

という言葉が、そのことをあらためて思い出させてくれました。

民藝が体現する「用の美」。
使っているモノがすべて美しい(=自分のお気に入り)という暮らしは、まさに理想☆

モノは自分・・・そんな風に考えながら家の中をあらためて見直してみたいと思います。



ふと思い立ったことをメモするようにしています。
その時はただの思いつきに過ぎなかったことが、後から見返して大きな気づきにつながったり、発想を広げることになったりするので面白いのです。

少し前のメモに、こんなことを書いていました。

今の自分に基本的には満足しているのだけれど、
ふと思ったのが「野望が足りない?」ってこと。。。
まあ、別に無くてもいいんだけれど、
あれば、ちょっと楽しいかな?



最初、「野菜が足りない?」に見間違えたのですが(笑)、
いえいえ、「野望」でした。

例えば「10年後、こんな私になっていたい」とか「今の仕事をゆくゆくは、こんな風に広げたい」とか、目標や夢については思いを巡らせる方も多いと思います。

「野望」は、それとはちょっと違います。
とうてい叶いそうにもないこととか、人に言うのもはばかられるような欲望とか、
「常識」や「実現性」や「建前」を、取り払ったもの。

「わたしの野望」について考えると、意外な事実が浮き彫りになるのでは?と思います。
たとえば、「潜在的な願望」とか、「自分の本質」とか。
自分のことなのに、自分でも気づいていなかった・・・と言うようなことです。




昨日は家事セラピスト仲間のお宅におよばれ。
素敵なダイニングでランチをいただきながら語り合う至福の時間に、
ふと、この「野望」のことを持ち出してみました。

私の突拍子もないフリに、みんな即座に関心を示してくれて、あーでもない、こーでもないと、盛り上がること!
最後には語り足りないね〜と言いつつ解散したのでした。

「わたしの野望」・・・秋の夜長にじっくり掘り下げてみるのも一興ではないでしょうか。

今日は娘の17回目の誕生日。
朝、娘が起きてくる前に、ささやかなプレゼントを朝食のテーブルに。





この一年間の娘のスナップショットを集めて作ったフォトブック。

すぐに気づいた娘。
「ママ、JK並みのサプライズやーん♡」と喜んでくれました。
(注:JKとは女子高生を意味する女子高生語です、笑)

今回、フォトブックを作ろうと思い立って分かったことが、
娘の写真が意外に少ない。。。ということでした。
いつも家族一緒にお出かけしていた時代と違い、
高校生にもなると友人と過ごす時間の方が圧倒的に増え、
その時に撮っている写真は私の手元にありません。

そこで、少し前から、さりげなく娘に友達と撮った写真ちょうだい!と伝えていました。
仲良しさんとの楽しそうなお出かけの写真や、部活仲間との写真などを
ピックアップして、今年一年を振り返るようなアルバムにしました。

写真整理の講座でもお伝えしていますが、
写真は撮って終わりではなく、後から見て楽しむもの。
いつでも手に取って眺められるフォトブックは、そういう意味でオススメです。

ただし・・・
フォトブックのサービスも本当にたくさんあるんですよね。
どれを選べばいいの???とお悩みの方も多いと思います。

講座では自分に合うサービスを選ぶポイントなどもお伝えしています☆

ちなみに私が選んだのは・・・
作成の操作がシンプルで、リーズナブルなもの。
各ページに写真の説明文を入れることもできるのですが、
敢えて、写真だけを配置して作成終了。
ここで欲張ると時間がかかってしまい、途中で投げ出したりしかねないからです。

写真を選んだ時点で、娘へのメッセージは伝わったものと割り切って
選別に心を込めました(笑)。

思いのほか喜んでくれたので、来年もやろうかと思っています☆


11月15日(金)開催☆今日から始めたくなる!写真の整理講座
おかげさまで満席となりましたが、
会場に余裕があるので、増席も可能です。
ご興味のある方は是非、ご連絡くださいね☆
講座の詳細はコチラ

ありがたいことに、他府県での開催もリクエストをいただいています。
出来る限りお応えしていきたいと思っておりますので、
お問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にどうぞ☆
miyatamiho★kajitherapist.com
メールの際は、★印を@にしてくださいね。

写真の整理講座を11月にも開催することになりました☆





☑ 写真を撮るのは好きだけれど、撮りっぱなしで整理は苦手
☑ いつかやろうと思っていても、なかなか写真整理に手が付けられない
☑ 子どもが生まれた当初は頑張ってアルバムを作っていたけれど、長続きしなかった
☑ 親の遺した古いアルバム、どうすればいい?

大切な写真をなんとかしたい!という方のための写真整理の講座です。

<講座のおもな内容>
◆写真整理のお悩み、大解剖
◆写真整理がはかどるコツ
◆写真選びの基準とは?
◆大切な写真の保存方法
◆写真整理、おすすめツール など

<開催概要>
日時:2016年11月15日(火)10:00〜11:30
場所:ラコルタ(吹田市立市民公益活動センター) ※阪急千里線「南千里」駅すぐ
   〒565-0862吹田市津雲台1−2−1 千里ニュータウンプラザ6階

講師:家事塾認定1級家事セラピスト 宮田 美穂
受講料:1,500円    定員:6名     
持ち物:筆記用具

お申込はコチラへ

「写真、ずっと気になっているものの、どうしていいか分からず放ってます。」と言う声、ほんとに多いです。




今日、受講してくださったのは、いずれも小中学生を持つママ。フィルムで撮って現像したものと、デジカメやスマホで撮ったデジタルデータが混在している世代です。

写真整理にまつわるお悩みはさまざま。
・忙しくなってきて、以前のようにモチベーションが保てない。
・いろんな整理&保存方法を試してみたけれど、どれが自分にとってベストな方法か分からない。
・そもそも、どこから手をつけていいのか分からない。
などなど。

頭の片隅でずーっと引っかかっているものの、ついつい先延ばしにしてきた写真整理の悩みをたくさん話していただきました。

決定的な一言は「写真は整理しなくても、日常生活に差しさわりがないだけに、本当に困っている、という感じではない。」
そうなんです。部屋は片づけないと生活に支障が出ますが、写真、特にデジタルデータになっているものは場所も取らないし、困らないんですよね。
それなのに、皆さん、いつか、何とかしなくては、とずっと引っかかっている。
どうしてなんでしょう?
「片づけ」は「片をつける」ことです。ずっと気になっているものと向き合っていないこと、片を付けていないことが実はこの問題の根源なのかもしれません。

講座では、私から投げかけた質問に、一つ一つ、自分の考えを書いていただくことで、最初のもやもやしたところから、自分に合った写真整理のやり方へと少しずつ近づいていただけたのではないかと思います。





受講者の方それぞれのゴールをみつけていただくのと同時に、少しでも写真整理のハードルが低くなるためのおすすめツールなどもご紹介しました。世の中には便利なツールやサービスがたくさんありますが、多すぎて選べない、というジレンマも。そんな時も自分のゴールが明確だと取捨選択しやすいと思います。

講座の最後に「気持ちがラクになりました」「苦痛だと思っていた写真整理が楽しいと思えそうです」などの感想をいただき、私も嬉しくなりました。

日々の幸せな記録である写真。いつでも気軽に見られるように整理できるといいですね☆

リクエストにお応えして、第2回目の開催が決定しました☆
11月15日(火)10:00〜 ラコルタにて
お申込み・お問い合わせはこちら