悩んでいることを誰かに話すことで、スッキリした経験ってありませんか?

くらしや片づけに関しても同じ。

ひとに話すことで、自分の考えが整理できたり、

ひとの話を聴いて、逆にヒントをもらったり。

そんな場所をつくりたくて「片づけカフェ」を開催しています☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最初の開催は

2019年2月12日(火)10:00〜11:30

ラコルタにて開催します☆

吹田市津雲台1丁目2番1号 千里ニュータウンプラザ6階

※阪急千里線「南千里」駅からすぐ

 

参加費はたったの500円

 

好きな飲み物持参で、気軽にご参加ください☆

こんな時はどうしたらいい?

こういうモノが捨てられないんだけれど・・・

具体的なお悩みには、家事セラピストからもワンポイントアドバイスをいたします!

 

お申込はこちらまで✉にてお名前と連絡先をお知らせください☆

  kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp  

 

前回の様子です↓↓

報告記事はこちら

 

 

 

JUGEMテーマ:片づけ

今日はコープ自然派おおさかLPAの会主催の学習会で「片づけ基本のキ」講座を開催させていただきました。

片づけは気になっている方が多いようで、なんと満席!

寒いなか、小さな赤ちゃんを連れてご参加されていた方も。

皆さま、ありがとうございます☆

 

 

片づけをした方が良いことは誰もが分かっていると思います。

でも、なかなか進まないのだとしたら・・・

片づけがゴールになってしまっているのかもしれません。

何のために片づけるのか?

片づけの先にある暮らしのイメージも大切だと思います。

 

雑誌に出てくる憧れの部屋とか、いつ誰が来ても平気な部屋。

そういうのも悪くはありませんが、もっと身近なゴールでも良いと思います。

 

例えば、掃除がラクな部屋。

すると、「床にはモノを置かない」

「掃除道具を手に取りやすい場所に配置する」
などとやるべきことが見えますよね。

 

わが家では子どもが小さい頃、絵本をきれいに片づけ過ぎてあまり読んでくれないことがありました。

そこで、あえて床に無造作に置くことにしました。

すると、子どもたち、絵本をしょっちゅう開くようになったのです。

片づけとは逆行しているようですが、子どもが小さいうちは、そういうのもアリかな、と思います。

 

講座の最後に、家に帰ったらどこを片づけたいかを書いていただきました。

「たくさんあり過ぎて〜」という方も。

でも、片づけなくては!とただ頭の中で考えているだけより、書き出す、というのも実は有効なんです。

皆さん、何から始めるか決めて下さったので、あとは行動するだけです♡

 

アンケートには、

「少しずつ実践しようと思えた」

「具体的な例がとても参考になった」

「捨てる勇気が出ました」

「ポイントを押さえた資料で、片づけ本を読むより有効」

などなどの声をいただきました。

 

私も皆さまの声を励みに、うまく暮らしをまわしていきたいです☆

 

 

****片づけカフェのお知らせ****

日 時:2019年2月12日(火)10:00〜11:30

場 所:ラコルタ 

    吹田市津雲台1丁目2番1号 千里ニュータウンプラザ6階

    ※阪急千里線「南千里」駅からすぐ

参加費:500円

持ち物:筆記具、飲み物

申 込:✉kurashi_kataduke@kuf.biglobe.ne.jp まで

    「お名前」「電話番号(緊急連絡先)」をお知らせください。

 

好きな飲み物持参で、気軽にご参加ください☆

くらしと片づけに関するあれこれをみんなで語り合う場です。

人に話すことで自分の考えが整理できたり、

ひとの話を聴くことで、自分のヒントになったり、

家事セラピストからもワンポイントアドバイスをいたします!

 

JUGEMテーマ:片づけ

 

今日は良心塾にて今年最初の「くらしと片づけ」の授業の日でした。

今月のテーマは掃除!

汚れの種類を知り、それに合わせたエコな掃除方法をお伝えしました。

同時に、塾生それぞれのライフスタイルに適した掃除の頻度やタイミングについても考えてもらいました。

 

後半は実践!

良心塾のキッチンをみんなでエコ掃除。

食べ物を扱うキッチンこそ、強い洗剤を使わずに済むよう、

こまめな掃除をしたいものです。

 

道具のちょっとした使い方のコツなども詳しく解説して実践してもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな、だんだん興が乗って来たようで、授業時間を過ぎても手が止まりません。

綺麗になる、って純粋に楽しいことですものね。

 

マイクロファイバーのクロスやスクイージー、重曹、セスキ炭酸ソーダ、クエン酸など、

掃除に使ったものは今や100均ショップやドラッグストアで手軽に入手できるものばかり。

自分たちのお部屋でも生かしてくれると嬉しいです。


 

今日は奈良にあるリフォーム会社様にてセミナーをさせていただきました。

ご参加下さったのは、いずれもリフォーム真っ最中や検討中のお客様。

リフォームは捨てるチャンス!これを機に、不用品を減らしてスッキリさせたい方ばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*セミナー前に橿原神宮にお詣り。冬の朝は人影もまばらで、しんとした空気が気持ちいい。

 

片づけ講座でよくご提案するのは、

 

「5分で終わる場所を片づける」

 

というもの。

 

5分でできる場所ですから、カトラリーのひきだし1つとか、洋服だんすの靴下や下着が入っているひきだし1つとかがオススメです。

では、大物はどうしたら捨てられるでしょうか?

今日もひな人形や五月人形、農機具(!)などが捨てたいのに捨てられないものとして挙がりました。5分では捨てられないものばかりですよね。

でも、こういったものでも毎日5分ずつで捨てられる方法があるんです。

それは、捨てるまでにやるべき事を小さなステップに分ける、というやり方です。

例えば、ひな人形なら

「人形供養をしてくれる場所(お寺など)を調べる」

「持って行ける日時を調べる(協力者が必要ならその人のアポを取る)」

「しまってある場所から人形を出す」

「車のトランクに積む」

「供養に行く」といった具合です。

 

これらをいっぺんにやろうとすると、気が重くて「また今度」ってことになりがち。

5分以内に出来ることに分けると、1つひとつは簡単ですぐやれそうですよね?

これは、片づけ以外の面倒な仕事や大きなプロジェクトをやり遂げる時にも有効ですので、ぜひお試しくださいね☆

 

セミナー終了後のアンケートには

「片づけられそうな気分になりました。毎日を大切にします。」

「とても断捨離をしたくなりました。引っ越しに向けて役立つアイデアをもらいました。」

「どんどん捨てようと思いました。」

などなど、「やってみよう!」というお気持ちを書いていただきました。

不要なモノと決別し、リフォーム後の暮らしがスッキリしたものになることをお祈りしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:片づけ

 

 







今日は「冬のくらしと片づけ講座」を開催しました。

春夏秋冬の季節ごとに、モノ・時間・お金とのつきあい方を考えるシリーズ講座も、無事完結☆

新しい試みでしたが、ご参加くださった方はもちろん、日程が合わないけれど興味あります、と言ってくださる方に励まされ、毎回楽しく準備させていただきました。

 

今回は年末に向けて、「大掃除」と「家計の年間決算」がテーマ。

 

私がお伝えする「家計術」は、いわゆるファイナンシャルプランナーの先生のものとは全く違います。

「細かい数字の話になったらどうしようかと思った」という方も

「自分を俯瞰することが出来た。5年後にやりたいことのために今から何をすべきか、考えられた」とのこと。

 

時間術については

「優先順位のつけ方が分かりやすくて新鮮だった」

 

大掃除に関連しての「捨てる」ということの考察についても

「期待通り、いえ、期待以上でした!」「ほんと、来て良かった!」と嬉しいご感想をいただきました!

 

何かと気忙しくなる年の瀬、やるべきことをこなすのも大切ですが、敢えて「やらない」ことを決めるのも一つの方法だと思います。ポイントを押さえて、気持ちよく新年を迎えたいですね☆



Profile

Search

Recommend

Mobile

qrcode

Link

Archive

PR

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM